今日の出来事
四千百七十七日目-散髪-
髪の毛を切る。
明日から8月。
だからといって特になにかあるってわけではないんだけれども。
スポンサーサイト
四千百七十六日目-髪の毛-
ずいぶん伸びてきた。
今日は仕事が早く終わりそうだったから行こうかと思っていたら、意外と遅くなってきたので行けず。
四千百七十六日目-サッカー東アジアカップ-
日本が初優勝した東アジアカップ
韓国で開催されていたのだけれども、ロンドン五輪につづいてまた韓国がやってしまった。
政治的メッセージがかかれた横断幕などを掲げてしまった。
5年くらい韓国でFIFA主催の試合禁止とかすればいいのに。
フーリガンみたいなサポーターに、にわかファンが乗っかって騒ぎが大きくなっているんだろうな。
それは渋谷でさわぐ日本人サッカーファンと同じようなものでもあるのかな。
とはいえ、国内で国内向けと他国向けでは違いがあるし、スポーツはスポーツであるべきだ。
四千百七十五日目-日曜日-
昨晩の飲酒は翌朝には残ることはなくすっきり。
顔が赤くなったり、酒が残りやすい体質の人は食道がんになる確率が高いから飲酒はしない方がいいみたいなネットの記事を読んだ。赤くなるしそんなに気分がよくなるわけでもないから飲酒習慣はないから気にすることはないんだけれども。
四千百七十四日目-飲酒-
久しぶりにお酒を飲む。
缶チューハイだったけれども、ぐいぐいと飲んでしまって、現在も体が平常時ではない感覚がある。
水分補給と睡眠で改善されるだろう。
四千百七十三日目-特に何も-
これといって特に何もなく仕事も大変ではなく終わった一日。
小腹がすいたので西友で焼き鳥を買ってくる。24時間営業で未明でも焼き鳥などの惣菜って販売しているのかな?
四千百七十二日目-奥歯痛-
奥歯というか、親知らずの上あたりの歯茎あたりに違和感がある。
なにかが詰まっている感じがするけど、歯を磨いてもとれないし。ごくたまにそうなってくるんだけれども、知らずのうちに解消している。
骨の祭壇の上巻を読み終える。テンポがよくていい。作家は覆面作家で、かなり有名な作家の別名らしいけれども、翻訳した池田真紀子の作品は面白い。
四千百七十一日目-週半ば-
週半ばにして疲れが強い
蒸し暑いってのことが要因なのかもしれないけれども、水不足らしいから雨は降ったほうがいい。
四千百七十日目-にわか雨-
雷雨激しい夕方
にわか雨って表現をテレビでつかっていたけれども、夕立とどう違うのかな。
四千百六十九日目-掛布団-
さすがに暑くなったので昨日、掛布団を薄手のやつに替える。
だけど、冷房タイマーで起きるとちょっと寒い。設定温度を高くしないとダメだな。
四千百六十八日目-参議院選挙-
参議院議員選挙
自民党が圧勝
過半数獲得でねじれ解消

大手メディアの中間予想がそのままだったけれども、ねじれ解消で良い悪いは別としてとにかく進まないといけないと思う。

とはいえ、野党が少数政党ばっかりになってしまうと、これからの自民党の政治がダメで支持率最悪になってしまって迎える選挙で野党の中心がいないから、二大政党のようにこっちがダメだからこっちってわかりやすい選択肢にしないと、連立政権で結局なにも上手くすすまないってことになってしまいそう。

民主党に代わる野党が育ってくるといいな。
四千百六十七日目-腹痛-
久しぶりにお腹が痛くなる気配がしたので、正露丸を飲むと、やってきたグルグルするお腹。
正露丸の効果なのか、一度トイレに入っただけで改善完治?お腹の違和感がなくなった。

四千百六十六日目-太腿筋肉痛-
なぜか両足腿の筋肉痛
自転車こぐのも重たい。
なにが原因かよくわからないけれども、暑いからいろいろと体に負担がかかってきているんだろうな。

100%のオレンジジュースを飲んでいるけれども、濃くて酸味が強すぎるから氷を入れる。
四千百六十五日目-模型つくり-
甥っ子がやってきていて、ラムネ入りの模型のおもちゃをつくってあげた。
結構、細かくシールを貼ったりで、二箱つくって一時間くらいかかった。彼は途中で寝だすし。親って大変なんだろうな。
四千百六十四日目-雨-
夕方から雨
ちょっと涼しくはなったけれども、雨では窓は開けられない。
薄く開けてもそんなに涼しくならないし。時折激しく降って来るし。
四千百六十三日目-涼しい朝-
今朝は涼しかった。
そのまんま涼しさが続いてよかった。
このくらいの天気が毎日続けばいいのに。
飲んでた青汁がなくなった。これは効果があるのかわからないけれども、年末の健康診断までは継続しておこう。

四千百六十二日目-連休-
連休も今日で終わり。
次は、お盆休みまでなしか。
まぁ今週は一日少ないからあっという間だろうな。
四千百六十一日目-夕立-
夏らしく激しい夕立があった。
涼しくなった気もするけれども、そうでもなくて蒸し暑さもやってきている中途半端な感じ。
四千百六十日目-特に何も-
特になにもない。
仕事は暇で暑いから調度良い感じ。
お昼寝しなかったから猛烈な眠気。椅子に座って五分間のタイマーを入れて寝る。
それだけで意外とすっきりした21時からの五分間。

四千百五十九日目-喉の渇き-
喉乾いたし暑いしってことで、仕事帰りに飲んだ三ツ矢サイダーオールゼロ
すっきりとごくごく飲みやすくて甘ったるくないけれども、飲んでしばらくすると喉の渇きがでてくる
そこが水やお茶とは違ってやっぱり炭酸飲料なんだな
この喉の渇きは体にはよくなさそうな感じがするから、やっぱり水分補給はゆっくりと水かお茶でいいんだろうな。
四千百五十八日目-日焼け-
頬骨のところが赤くなった。
最近の日差しの強さで日焼けをしたのかな。
そんな今日は木曜日
あとちょっとで今週も終わり、来週は月曜日が休み
よかった。
四千百五十七日目-特に何も-
これといって特になにもない。
仕事もそれほど忙しくもなく六時前に終わる。
四千百五十六日目-水腹-
水分補給をしすぎてしまったのか、なんだか体がだるい。
とはいえ、水分は欲しい暑さ。飲みたいから飲んでばかりではなくて時には我慢も必要なのかな。
水中毒ってあるみたいだし。
風呂上りの体重計。体脂肪率が12.4まで下がってた。
四千百五十五日目-雨-
夕方のかなり激しめの雨
帰社するとにはあがっていたのだけれども、雨降る前の冷たい風は気持ちがいい。
雨上がりに燃えるような赤い夕陽。

四千百五十四日目-外壁の塗り替え-
家の外壁の塗り替えのため家の周囲に足場が組まれて、塗料が窓などに付着しないようにビニールでマスキングされている。そのためもちょっとはあるんだろうけど暑い。
窓をあけてもビニールだし。冷房かけても湿度が高いからなんか熱い。効率的に除湿をする方法ってないのかな?
四千百五十三日目-暑い-
本格的な夏模様
昨晩TSUTAYAオンラインで注文した「骨の祭壇」
注文は無事に終えたのだけれども、相変わらず使い勝手が悪いというか説明が不親切な表記しているサイトだ。
アマゾンには絶対に勝てないだろうけれども、ここ経由でパソコン買った時の残りポイント、ヤフーと提携してポイントがあるから、たまに利用することになっていくだろう。
きっとそこがアマゾンとの差で、そーゆうポイント余ってるから使おう的な利用者を狙っているのかな。
四千百五十二日目-小説「ブルーマーダー」-
誉田哲也の姫川玲子シリーズ最新刊のブルーマーダーを読み終える。
これといって、事件にひねりがあるわけでもなく、驚きは冒頭の菊田が結婚していて、姫川に報告していないってことくらいかな。事件は青い仮面をかぶった男がやくざ、半グレ、中国人マフィアを殺していく。
場所が池袋で知った街なので場面のイメージがしやすくて、すいすい読めた。
四千百五十一日目-蒸し暑い-
梅雨が明けたとはニュースされないけれども、この蒸し暑さは夏だろ。
桃が食べたかったので買って帰る。それくらいでこれといって特になにもなく。
四千百五十日目-眠い-
夕食後の眠さがすごくって気が付いたら一時間以上寝てた。
眠いけれども中途半端に寝続けてもリズムが変になるから無理やり起きてる感じ。
四千百四十九日目-夏-
もうすっかり夏の天気
そんな今日は、これといって特になにもないんだけれども、夕食後に10分寝る
これでずいぶんすっきりする。こんな感じでずーっと過ごせればいいのに。
連続で7時間くらい寝ないで、ちょこちょこ3時間くらい寝るだけで、大丈夫なリズムになるにはもう年を取りすぎたかな。