今日の出来事
四千二十七日目-暖かい日-
今日は暖かい一日だった。
明日から三月だから春になるのかな。
スポンサーサイト
四千二十六日目-鍋-
先日のお試しかで放送したいたミツカンのごま豆乳鍋を食べる。
まろやかなごまの味わいが美味しい。ラー油を入れて辛みを加えてなお美味しい。
そんな今日は、パラパラと降る雨が午前中続いたのだけれども、午後はあがってよかった。
それから、ゆっくりとしっかりと腹筋ローラーをやっているためか、ほんのり筋肉痛になっている。
四千二十五日目-小説「造花の蜜」-
連城三紀彦の作品を読むのは初。
かなり面白かった。お正月にブックオフで壇れいのカバーがかかっているのをみつけて、あらすじよんで惹かれて購入。
誘拐をしていると思いきや、誘拐されていたという展開はいい。
一年後の事件も、完全なる模倣かと思いきや、実は警察関係者全員が犯人側だったってのは、なるほどなぁと感心。事件が完全決着しないのと警察視点でも被害者視点でもないのもよかった。
四千二十四日目-特に何も-
これといって特に何もない。
本があと少しで読み終えてしまうので次を仕入れておかないとけないのを忘れていた。
なにかいいのあるのかな。
四千二十三日目-WBC壮行試合-
野球のWBC
壮行試合がオーストラリア相手にテレビ中継されているけれども、試合開始は何時だったんだ?
10時になって八回裏
現在、9-3だからそれなりに時間はかかるんだろうけれども、もっと早くから試合開始すればいいのに。日曜日なんだし。4時ごろから試合開始でもいいじゃん。テレビ中継を考えるとゴールデンタイムの7時からってのがサッカーみたいでいいのかもしれないけれども、サッカーと違って試合時間が決まっているわけじゃないんだから。
今回の、WBCは全員日本チーム所属。メジャーリーガーだから優れているわけでもないんだし、いいんじゃないかな。
四千二十二日目-左足しびれ-
疲れがたまってくると左足が痺れてくる。
それほど大きな痺れではないけれども、なんだか気になる。
四千二十一日目-Tポイント-
ファミリーマートで買い物したらTポイントカードをレジに入れ忘れてしまいましたので、もう一度と言われた。
商品を受け取ったあとにもう一度ってなに?商品を返して、もう一度レジに持ってきてくれってことなのか。
なんだかわからないし、300円ちょっとの買い物だったし、別にいいですよって帰る。
四千二十日目-口内炎-
口内炎ができる。
口内炎というよりも、三時に食べた堅めのビスケットが刺さったあたりの痛みが、口内炎っぽい。
四千十九日目-眠い-
強烈な眠さで夕食後に一時間程度寝る。
このところ寒いから知らずのうちに体力を奪われているのかな。
昨日は、一時的に積もるんじゃないかと思う勢いの雪が降っていたし。
四千十八日目-ヨーグルト-
膨満感が一日中続いていた昨日。
夜に飲むヨーグルトを買って来て飲んだおかげなのか、翌朝のお腹のふくらみがなくなり、膨満感も軽減。
そんなんだから調子に乗って、三時にビーフジャーキーを食べてしまって、またお腹に違和感。
とりあえず、仕事帰りに飲むヨーグルトを買ってくる。
四千十七日目-膨満感-
昨晩から膨満感
お腹いっぱい食べたときのお腹になっているのだけれども、時間になるとお腹が空いたって感覚もある不思議な状態の一日。
多く出るおならも、すごくくさい。消化の悪いものでも食べたか?そんな覚えはないんだけれども、大腸小腸に頑張ってもらいたい。
四千十六日目-特に何も-
これといって特になにもない日曜日
先週は月曜が祝日だったからあっという間だったけれども、今週はどうだろう。
寒い一週間になりそうだし、仕事は無いほうがいいな。
四千十五日目-北風-
今日は風が強くて冷たい。
朝は、向かい風。
帰りの夕方も向かい風。
朝、向かい風だったんだから、風向そのままで夕方は追い風であって欲しかった。
四千十四日目-すき焼き-
すき焼きを食べる
つい最近も食べたような気もするけれども、やっぱり肉と生卵の組み合わせは最強だ。
そんな今日は、冷たい雨が午後降っていた。夕方にはあがったけれども、寒かった。
四千十三日目-木曜日-
月曜日が休みだと一週間があっという間。
明日はもう金曜日。
そんな今日は、これといって特になにもなく眠いなぁと思いながらも夕食後は来ていた甥の言動に眠れず。
四千十二日目-雪-
今年三度目の雪
朝起きたら、植え込みに雪が積もっていた。
道路の雪は、ぐちゃぐちゃに解けていた。
日中は、雪が降っていた未明とは思えない暖かさだったけれども、日が沈んでからの冷え込みは厳しかった。
四千十一日目-軽いからだ-
やっぱり連休後だからなのか、体が軽い。
軽快に自転車を漕げる。いつもと同じギアなのに軽く感じた。
今夜は雪マークで明日朝はどうなっているのか?
四千十日目-連休-
連休がやってくるたびに、やっぱり連休っていいなと思う。
そんな今日も起きたら11時半だった。
明日からの一週間は、一般的な会社の勤務日数である5日間だから良かった。
四千九日目-寝すぎる-
起きたら11時半
昨晩は、1時頃に寝たから10時間睡眠
寝すぎてしまって体が眠気が残っているときにあるのが、15時頃に眠くなること。
1時間程度寝てしまって、夕食後にも30分程度寝てしまう。

四千八日目-うなぎ-
久しぶりにウナギを食べる。
やっぱり美味しい。今週は先週に続いて七時過ぎまで仕事ばかりだったので疲れた。
来週は、あっさり仕事を終えてそそくさと帰宅できるようことを願う。
四千七日目-北風-
今日は北風が厳しく寒い一日だった。
昨日はほどほどの暖かさがあったのに。
まぁ明日は土曜日で週明けは連休だし、あと一日頑張ろう。
四千六日目-眠い-
夕食後の眠気に負けて一時間くらい寝入ってしまった。
最近は、食後に紅茶を飲んでいるのだけれども、コーヒーの方が短時間睡眠の目覚めがすっきりする感じがある。
四千五日目-雪-
朝起きたら雪がふっていて、このまま積もったら大変だなと思っていたけれども、雪のかけらは小さくて、水っぽくて、昼前には雨まじりになってきて、夕方には雨も上がる。
降り積もることない一日でよかった。

四千四日目-小説「六つの手掛り」-
乾くるみの六つの手掛り
乾くるみの作品は、イニシエーションラブを読んでからだから、ずいぶんぶり。
論理的な謎解きで、一気に読んでいける。
状況証拠だけで、展開していく感じなので、なんかついていけないというか、納得しきれない部分もあるけれども、押し切られてしまう論理展開がある。
四千三日目-左肩痛-
左の鎖骨の先端というか、肩側のあたりに痛み。
土曜日に寝るときに痛みを感じたのだけれども、骨の部分が痛いから筋肉痛ってことでもないだろうし、筋肉痛になるようなこともしていないし、寝違えたってわけでもないし。
なんだか変な感じだ。
四千二日目-節分-
ここ数年は節分には恵方巻きが定番になっているけれども、昔からの伝統である柊鰯も流行らせることはないとしても、それなりに報じればいいのに。
とはいえ、海苔巻は寿司にはない美味しさがあっていい。
四千一日目-特に何も-
今日は、これといって特になにもない。
仕事も定時で終わったし、大変な一週間が終わった。
もうちょっと計画性を持って、仕事を進めていかないとダメだな。
四千日目-疲れ-
週末なので疲れが溜まってきた。
長時間の残業が続いたから当然だ。明日はそんなに忙しくはないし、それほど苦にならずに日曜日をむかえられそうだ。ブログも四千日目。ずいぶん長い事書いているけれども、中身なんてほとんどないな。