今日の出来事
三千百二十七日目-八月終わり-
今日で八月が終わる。
早いもんだなと思うけど、忙しい時は一日が長いなとも思うから、時間間隔なんてあてにならないんだろうな。
そんな今日は、そこそこ暇。

スポンサーサイト
三千百二十六日目-特に何も-
これといって特になんもない。
久しぶりにネギトロ丼を食べたくらいかな。
三千百二十五日目-眠い-
この時間から眠い。
まだ22時前なのに。疲れているのかな。そんなに疲れた感じはなかったんだけれども。
三千百二十四日目-食後睡眠-
夕食後に八時からガッツリ寝てしまった。
30分くらいだけど、眠気がはんぱなかった。
三千百二十三日目-特に何も-
これといって特になにもない。
暑くって大変だけど、仕事は閑散だから良い感じ。
三千百二十三日目-うなぎ-
ウナギを食べる
夏だし元気になればいいなと思いながら、病は気からで食べる。
美味しい。価格が高騰しているうなぎだけど、食べ過ぎちゃってるから仕方ないんだろうけど、日本の技術力を見せつけて、孵化からの完全養殖頑張って欲しい。

三千百二十二日目-喉の渇き-
なんだか喉の渇きが激しい。
だからといって、水分補給を多く行っても解消されるわけではない。
そんな今日は、定時で仕事終了。
もうしばらく忙しいのは嫌だ。
三千百二十一日目-疲れた-
連日、八時過ぎの帰宅。
疲れてきたけど、あと一日でお休みだしなんとかがんばれそうだ。
ダイドーの事犯で買ったスポーツドリンク。
ちょっとキリンのポストウォーターみたいなシトラスっぽい感じで美味しい。
三千百二十日目-鼻づまり-
左の鼻だけが、詰まっているというか、詰まりやすくなっている状態がもう三か月くらい続いているかな。
なんなんだろうか。
三千百十九日目-冷房なし-
日が沈むと涼しくなって、昨日に続いて今日も冷房なし。
寝るときはつけて寝るけど、タイマー設定しとなないと朝暑いから。
そんな今日は、ヤフオク落札された商品を全部配送完了。
あとは、無事に到着して評価してもらうのをまつのみ。
三千百十八日目-ヤフオク-
ヤフオクに出品していたDVDが次々落札されて10000円を超えた。
あとフィギアが14000円だったし。

ただ、配送が面倒だ。
その手間賃も込みでも、満足の金額ではあったのだけど。

三千百十七日目-スイカカキ氷-
クックパットに乗っていたスイカカキ氷。
スイカを潰して砂糖を入れて凍らせてカキ氷にする。

以前、かき氷をしたときは氷が荒くて美味しくなかったけど、糖分が多いからなのか氷の粒は小さくすっきりとしたカキ氷ではあった。だけど、味があんまり美味しくない。不味くはないけど、なんか美味しくない。
スイカってのは、ジュースもそんなに美味しいと思わないし、加工するもんじゃないんだろうな。

三千百十六日目-おなら-
なんか今日のおならの匂いが臭すぎる。
おならの匂いって臭いものだけど、今日は変な臭さ。

消化不良なのか?

そんな今日は、ヤングなでしこといわれる20歳以下の大会が中継されてた。
七時からの生中継。観客はまばらだったけど、容姿がいいのでフジテレビとしては、いいコンテンツになってほしいとの願いが込められているんだろうな。

男子サッカーってテレビ朝日っていめーじだから、女子はフジテレビを目指しているんだろうな。

三千百十五日目-豪雨-
午前中、結構激しい豪雨
雨上がりに過ごしやすさが訪れたけれども、蒸し暑さがやってくる。
そんな荒天ではあったけれども、お盆休み明けってことで疲れた。
三千百十四日目‐小説「インビジブルレイン」-
誉田哲也の小説
インビジブルレインだけれども、姫川シリーズの長編の三作品目だけれども、あんまり面白くなかった。
殺人事件の落ちが、ゲイの嫉妬って。
川上が首謀者ではあったのだけど、彼の裏切りの理由があんまり見つからなくって、犯人っぽいけどそうじゃないと思っていたんだけど、彼は男も女もいける口だった。
親分の牧原に軽く恋心みたいなものを持っているのに気が付いた、川上の元恋人で男の伊東滋。
こいつが殺人実行。最後に牧原を刺し殺す。

ヤクザと姫川が恋に落ちるし、ラブストーリーなのかな。
ストロベリーナイト、ソウルケイジとくらべると事件捜査がないし、面白みに欠ける。
三千百十三日目-暑い-
今日は、半端なく扱った。
帽子からはみ出た前髪から汗がしたたり落ちるくらいの暑さ。
NHKのお昼のニュースで全国が終わって関東地方のニュースに切り替わったときの気象情報で地名がでてくるくらい暑いんだから当然だ。

三千百十二日目-お盆休み終わり-
今日で短いお盆休み終わり。
短くっても土日休みであればいいんだけど、そうじゃないからな。

富士登山行こうと思ったけれども、いつから休みなのかわかったのが、夏休みはじまる週の頭だったから予定たてられず。九月の連休でも登頂ツアーがあったからそこらでいっちょいってみようかな。

三千百十一日目-暑い-
朝は雨だったけど、午後は暑い。
蕎麦食べにいった帰りに、しまむらよって適当なサンダルを購入。
京都は、豪雨で大変な災害。
三千百十日目-夏休み-
夏休みも中盤
明日と明後日で終わりだ。
短いなぁ一週間くらいは欲しいな。

そんな今夜は蒸し暑いけれども、日中冷房の中にいるから体を正常に戻す。
三千百九日目-口内炎-
下唇の裏側に口内炎。
噛んでしまったところが、口内炎っぽくなっている。
ドレッシングとか食べると痛みがある。

三千百八日目-女子バレーボール-
韓国に勝って銅メダル。
準々決勝でまさかの中国からの勝利。
女子の団体競技が、強かった五輪。

そんな今日は夏休み初日。
これといって特に予定もないのだけれども。

三千百七日目-なでしこジャパン-
ロンドン五輪決勝。
アメリカとの対戦で1-2で負ける。
最後に、岩淵が同点シュートを決めればかっこよかったのに。
ハンドがあったり、アメフトの腰へのタックルのようなディフェンスがあったり、強引な米国に負けた。
ただでさえ体格差があるのに。
とはいえ、仮にそれがファウルでPKになっていたとしても、決まったかどうかはわからない。
日本は、フランス戦で一点差で勝ってる時にPKあたえてしまって、同点かぁと思ったら相手がはずしたんだから。それによって、一点差で勝利したのだから。

ワールドカップ、五輪と主要大会が続いて、盛り上がった女子サッカーだけど、今後はどうなるのかな。
アメリカはサッカーリーグが中止になっているから、米国の有名選手を加入させてリーグ盛り上げればいいんじゃないかな。
三千百六日目-涼しい夜-
昨晩に続いて涼しい夜。
もう夏の熱帯夜は終わったのかな?終わってほしいな。
夜は涼しいのに朝にあると暑い。これはこまる。
寝るときには冷房なしでそこそこ快適なんだから、朝は8時くらいまでは快適であってほしい。
三千百五日目-ネクタリン-
久しぶりにネクタリンを食べる。
桃の仲間なんだろうけど、桃よりもさっくりとした食感で酸味が強めで美味しい。
とはいえ、桃にはかなわないけれども。
そんな今日は朝は涼しかったのに、日中は相変わらずの暑さ。夕方には風がでてきてそこそこ涼しくなる。
三千百四日目-モニター届く-
機能しなくなったモニターの替えが到着。
結構、素早い対応だった。
使い慣れているキーボードの方が打ちやすい。

やっぱりモニターの電源ってパソコンの電源切るたびに切った方がいいのかな。
三千百三日目-キーボード-
パソコンが違うとキーボードも違うから打ちにくい。
ノートパソコンの場合だと、キーの下の部分にマウスの役割を果たす部分があるから、そこに触れると文字入力のカーソルがどこかへいってしまって、意図しない部分に打ちこんでしまったり。
自分の手のサイズとあっていないんだろう。この部分を無効にできたらいいのに。
三千百二日目-小説「ビッグゲーム」-
岡島二人の小説「ビッグゲーム」
どんな謎解きがあるのかと思いきや、なんか消化不良だった。
照明塔から落下した野球チームの情報分析班の課員から話が始まるのだけれども、どんな解決、謎解きがあるのかと最後までつながりにくくひっぱてこられて面白いんだけど、結末は野球チームの監督の野球スタイルが気に食わないから、球団社長がスパイを仕掛けて、他球団に情報を売って、照明の明るさを調整して、自らのチームが負けるように仕掛けていた。

それに気がついた課員は、照明塔にのぼって確認しようとしたら間違って感電死してしまった。
野球のリーグぐるみのスパイ活動というか、監督を下すための作戦にのってしまうなんて信じられない。
信じられないようなことをする人が世の中にはいるもんだと書かれてはいたけれども、話が大きくなりすぎて、うまくまとめられていない印象。

岡島二人の作品は、これで終わり。
小説ではない作品があるけど。


三千百一日目-特に何も-
これといって特に書くこともないんだけど、毎日書いてきているから何もないということを書く。
まだ夏休みがいつなのかわからない。ないのかな。
三千百日目-PCモニター壊れる-
モニターが無反応
ルーター変えたのが原因ってことはないだろうけれども、電話したら交換してもらえることに。
手続きが月曜日だから到着は早くても火曜日。
金曜の夜のタイミングが最悪だった。
電話対応は、日本人だった。パソコン購入するときは中国人が相手だったと思うけど、サポートは日本人なのか。
どっちでもいいけど、壊れないのが一番いい。
三千九十九日目-特に何も-
これといって特になにもない。
日中は暑くって、夕方から眠くって、食後に寝てしまって起きたら寝汗がすごかった。