今日の出来事
三千九十七日目-タリーズコーヒーの缶コーヒー-
職場側の自動販売機。
伊藤園の販売機にあるタリーズコーヒーの缶コーヒー。
これが一番好みの缶コーヒーなのだけど、普通のより10円高い130円が一般的だったと思うけれども、そこは110円だった。
スポンサーサイト
三千九十六日目-月末-
もう明日で七月も終わり。
あっというまではあったけれども、八月の夏休みはいったいいつなんだ?
年間予定も立てないなんて信じられない。
もしくは、夏休みなんて一か月くらい前には知らせてくれないと。

三千九十五日目-布団入れ替え-
もう八月になろうとしているときだけれども、掛布団を厚手から薄手に変える。
掛布団って夏は必要ないって思う部分もあるけれども、冷房+扇風機だと風があたってちょっと寒く感じるときがある。冷房の温度を27度にしていても。扇風機をとめると27度だと暑いなぁと感じるときがあるから掛布団が必要になってくる。
三千九十四日目-特に何も-
これといって特になにもない。
暑いなぁってくらいだ。
そんな今日は五輪開会式があって、テレビはオリンピック番組が多い。
柔道とか日本人選手が登場してきたらメールでお知らせしてくれるサービスあってもいいんじゃないかって思うけど、そうするとその部分しか見られないからスポンサー的には最悪だから、視聴者サービスよりスポンサーサービス重視で仕方ない。だけど、NHKは強制徴収で受信料とっているのだから、そのサービスあってもいいよな。

三千九十三日目-オリンピック-
オリンピックは開幕式が明日なのに、サッカーははじまっている。
一昨日だったか?女子がカナダに勝ち、昨日は男子がスペインに勝つ。
グラスゴーの奇跡とマイアミの奇跡を引き合いに出していわれているけれども、日本は速かった。
走るのが圧倒的にはやければ、カウンターサッカーでなんとかなるのかな。
そんなに単純なものじゃないかもしれないけれども。

ロンドンオリンピックなのに、試合はスコットランド。
それなら、ロンドン五輪なんていわないでUK五輪にすればいいのに。

三千九十二日目-熱い-
今日も暑かった。
熱い時は冷たいものを飲むよりも、冷たいものを食べた方が体がひんやりする。
かき氷は美味しい。
がりがり君をカキ氷にするやつがあるようなので、買ってみよう。
三千九十一日目-自転車パンク-
なにがいけないのか。
普通に乗っているつもりなんだけど、普通じゃないのかな。
自転車後輪がパンク。タイヤとフレームみたいな部分の間だから、きっと段差を降りたときに、フレームの角がタイヤを傷つけたんだろうな。
絶対にパンクしない自転車のタイヤというのがあるようだけど、そこそこ値段がはるし。
100円ショップでパンク修理が売ってれば買って直した方が安上がりだし、そんな節約しよう。
三千九十日目-小説「マイクロワールド上下」-
マイクル・クライトンの最後の作品
彼が執筆をしたわけではなくって、彼が使用していたパソコンに残っていた書きかけの作品をリチャード・プレストンという人が仕上げた作品。
だから、クライトンっぽくない。なんか面白くなってきそうな雰囲気あるけれども、面白くなってこない。

やっぱりクライトンの名前を用いるんだから、彼が書いた作品じゃないとダメだ。
著者の書き方が悪い。クライトンの名前を大きくしてあるから。
とはいえ、逆にクライトンの名前が小さく書いてあっても、彼の名前使ってんじゃないよ!ってなりそうだけど。
三千八十九日目-特に何も-
これといって特に何もなく。
暑さもほどほどで過ごしやすいんだけど、なんか疲れがたまっているような、動きが正常になっていないようなかんじがする。
チップスターの海苔塩をたべたのだけど、ひとまわり小さくなったような気がした。
三千八十八日目-桃-
桃を食べる。
桃ってのは美味しいんだけど、綺麗に剥いて食べる方法はないものか。
汁を垂らしながらかぶりつくのもいいけれども。
それでも桃は美味しい。
三千八十七日目-ぐっすり-
夕食後にぐっすり寝てしまった。
45分くらい。どーしても眠気が我慢できなくなってしまったのだけれども、疲れがたまっていたのかな。
明日は休みだ。のんびりと過ごそうかどーしようか。
三千八十六日目-メロン-
メロンを食べる。
メロンの種が詰まってる部分のあたりが美味しいんだけど、霜降りばっかりの牛肉のように美味しい部分ばっかりのメロンってのはできないものなのだろうか。
雨が降ったり止んだりだったけど帰宅時には降っていない。なかなかの幸運だ。
三千八十五日目-そうらーめん-
そうらーめんを食べる。
永谷園の商品だけれども美味しい。
豚骨スープ味とか、調味脂にひと工夫を加えてバージョンアップしていけば、いいんじゃないかな。
そんな今日は昨日ほどの暑さでもなく、仕事も早めに終わってよかった。
三千八十四日目-特に何も-
これといって特になにもない。
今日も暑くって汗がすごかった。
昼間に冷房の効いた部屋で体をクールダウンさせると、昼終わりの暑さの反動が大きく多量の汗が流れ出る。
あれはやっぱり体に悪いのかな。
でも、お昼ご飯まで暑いところなんてありえないな。
三千八十三日目-火曜日-
昨日休みだから当たり前だけど今日は火曜日。
月曜日が休みだと、一週間はいつも以上にあっという間に過ぎてしまうだろうな。
三千八十二日目-海の日-
今日は祝日「海の日」
海の日らしく強い日差しで熱い。
外には一歩もでていないけれども。

明日からも暑いようなので大変だ。
だけど、月曜日休みだから五日間だけなので、あっさり乗り切れたらいいな。
三千八十一日目-焼き肉-
焼き肉を食べに行く。
いつも空いているのに、今日はちょっと混雑している安楽亭。
ドリンクバーがコカコーラからサントリーに変更されていた。
ドリンクのグラスも小さくなっていた。アセロラの炭酸飲料が美味しかった。
三千八十日目-飲酒-
送別会で飲酒。
久しぶりにグラスでビールを三杯程度と紹興酒を少し。
飲むとトイレが近くなる。
中華のコース料理だったけど、最後に頼んだ餃子が一番おいしいという結果。
三千七十九日目-砂肝-
たまに自分であげて食べる砂肝。
美味しい。砂肝ってスーパーの焼き鳥コーナーにはおいていないけれども、単価が高いからか?
でも、ワンパックで280円くらいなんだから、そんなでもなさそうなのに。
人気がないのか?美味しいのに。
三千七十八日目-強風-
今日は朝から強風。
雨は午前中、降ったり止んだり。
九州は激しい雨。熊本では、経験したことのない雨なんて表現をするくらいの激しさ。
東京はそんなことないけど、東京ってのは意外とそんな自然災害がない。
生まれてからずっと東京住まいだけど、家の近所に大きな川がないってのもあるのだろうけど、床下浸水も川の反乱も未経験。
三千七十七日目-暑い-
もうすっかり夏。
梅雨らしい季節はあっという間に過ぎ去ってしまったのか。
暑すぎて、午後は体が鰹節みたいな匂いがするくらいの状態。
着替えを持って行ったほうがいいな。

三千七十六日目-喉の渇き-
今日は、妙に喉が渇く。
体重は66.6で体脂肪率が12.0
暑いから両方下がってるというより、単純に水分が抜けているだけなんだろうけど。
三千七十五日目-疲れ-
週の初めなのに八時まで仕事。
疲れた。まぁ来週の月曜日は休みだからそれを希望に頑張ろう。
三千七十四日目-涼しい日曜日-
蒸し暑さはそこそこで涼しい日曜日。
扇風機はかかせない季節ではあるけど。
そんな日曜日もあっという間に終わってしまう。
久しぶりに西友に行ったら、店内が変わってた。冷凍庫が扉つきのやつになっていた。
やっぱり昔の扉つきのほうが省電力なんだろうな。
三千七十三日目-ファミリーマート-
久しぶりにファミリーマートへ行く。
ポテトの袋が変更されていた。
このポテトは、中学生の部活の帰りに食べたのが最初だと思うけど、塩味じゃないポテトってのが斬新だったし、今も美味しい。時間がたってると美味しくないから、あの粉を販売してくれたらいいのに。
三千七十二日目-金曜日-
もう金曜日。
今週は意外と速いなと思いながらも毎週そんなことを思っているな。

ぱらぱらと雨が振出し、明日も雨予報。
三千七十一日目-病院-
順天堂病院へ行く。
今日は混んでいて、予約時間を30分過ぎていた。
そんなんだったので、半日仕事だったのであっという間に終わり。
三千七十日目-散髪-
今日は仕事が定時終わりだったので、散髪へ。
短くすると毎度思う、風呂上り楽だって。
三千六十九日目-ひと段落-
今日も19時過ぎまで仕事だったけど、ひと段落しそうだ。
しばらく暇な時間が続いてくれていい。まだ火曜日なのにこの疲れはなんだ。
三千六十八日目-疲れた-
月曜日だってのに疲れた。
やっぱり一人は無理だ。とりあえずは明日が山場で、二台処理すれば楽になりそうな気配があるけど、入庫ないはずなのにあるってのばっかりだからな。計画的にやらないとダメなのに、全然計画的じゃない。