今日の出来事
二千九百十五日目-ほっけ-
ホッケを食べる。
北海道土産のホッケは美味しい。
そんな今日は、そこそこ腰痛。いい具合に回復してきた感じはある。やっぱり筋肉疲労だったのかな。
スポンサーサイト
二千九百十四日目-暇-
今日は暇だった。
明日も暇っぽい。今週は半休を二度取得するので、今週は暇だろう。
腹筋をお休みする日の翌日は、お腹をふくめて体がしまっているなと感じる。
二千九百十三日目-砂肝の空揚げ-
砂肝の空揚げを作る。
美味しい。砂肝は焼くよりも空揚げにつきる。
そんな今日は、起きたら13時30分だった。12時間も寝れるもんだな。
二千九百十二日目-腰痛-
腰が痛い。
寒いときが続いているからなのか、腹筋が発達してきた筋肉痛的な腰痛なのか。
後者であってほしい。
二千九百十一日目-猛烈な眠気-
八時から猛烈な眠気。
15分のタイマーで起きるけど、二度寝で追加15分。
それで結構すっきりはしたけれども。
お弁当のしゃけが塩辛かった。サーモンに食べなれてしまって、しゃけの塩を強く感じるようになったのかな。
二千九百十日目-霜焼-
霜焼っていうのか?冷たくなった手が暖かくなる時のジーンって手の中が熱い感じがずっと続いている。
指先が動かしにくいほどではないけれども、普通の指先の感覚ではない。霜焼ってこーゆう感覚なのかな?それとも別の病気の前触れなのだろうか。
二千九百九日目-ダウンジャケット-
ダウンジャケットのもこもこした感じが好きではなくって着てこなかったのだけど、日曜日に半額だし買って着たら暖かい。とても暖かい。ダウンジャケットってありだ。だけどポケットにipod入れて鳴らしても全然聞こえてこない。
二千九百八日目-積雪-
雪はやんでいたけれども、積もっていた。
道路は凍っているし、自転車は大変だった。寒さのためか左のブレーキ、後輪のブレーキがきかない。
レバーが固くなってしまっている。帰りも戻っていないから壊れた?
日中は晴れていたので、帰りの道路の大方はいつも通りではあったけれども、雪解けで濡れているのかと思って、つっこんだから固まった氷でハンドルとられて大変な目にあう。
二千九百七日目-寒い-
猛烈に寒い夕方。
今夜から雪で積雪もあるかも?という予報。
そんな月曜日は、まぁまぁ楽な仕事だったのでよかった。明日も早く終えてはやく帰ろう。
指先の間隔が今も変だ。
二千九百六日目-焼き肉-
焼き肉を食べに行く。
やっぱり肉は美味しいなと食べるたびに思う。
そんな今日は、寒いのだけど雨はそれほどでもなかったんだけど、日曜日は外にでない引きこもりだから天候なんてどーでもいい。
二千九百五日目-カップラーメン-
取引先から頂いたカップラーメン。
お昼は雨で、外にでるのが億劫だったのでおにぎり、おかずなしでカップラーメンだけ。一個じゃものたりないから、生まれて初めてカップラーメンを二個食べる。
二千九百四日目-雪-
朝から雪。
寒い寒い一日。
寒いところにいるってだけで、相当体力を奪われたのか、夕食後の眠さが強烈で90分も寝てしまった。
食事前の入浴中から眠さはやってきていたのだけど。
それに、指がまだ冷たいというか、いつもの感覚ではない。雪はやんで積もらなかったので最悪ではないけれども明日も似たような寒さだろうから大変だ。
二千九百三日目-腰痛-
左の横腹の背中側に痛み。
夕方突然やってきたのだけど、そんなに背筋は頑張っていないんだけど、腹筋の頑張り方を間違えてしまったのかな。明日からは気を付けないと。
二千九百二日目-キムチ鍋-
キムチ鍋を食べる。
ちょっと前から食べたいと思っていたので、美味しかった。
エバラのキムチ鍋の素を利用したけど、ちょっと魚介っぽすぎる感じもある。
その甘みがいい感じだと思う人もいるかもだけれども、個人的にはもう少しじっとりと汗ばむ辛さが欲しい。
二千九百一日目-小説「デス・コレクターズ」-
ジャック・カーリイのデス・コレクターズ。
彼の作品を読むのは、3つ目だけれども、一番面白かった。
犯人は、二人に絞れたのだけど逆だった。ちょっと回りくどいというか、ん?という感じの文章があるけれども、散った謎を回収しながら、解決していく展開は今作品でも健在。
ダンベリーと付き合うことになったカーゾンだけど、次で彼女の浮気発覚でわかれるんだよな。
一作ごとに新たな恋がはじまるなんてカーソンは、地味っぽい感じだけど結構なプレイボーイだ。
二千九百日目-寒い-
今年一番の寒さだ。
気温的には、そうではないのかもしれないけれども日差しがないから、寒さを強く感じる一日だった。
二千八百九十九日目-満腹-
食べすぎた。
ご飯を食べた後に、ついつい食べてしまったからムーチョ。
昨日、今年は腹筋を割るぞ!と思ったのに、これじゃぁダメだな。
二千八百九十八日目-取っ手が抜ける-
トイレに入ってドアを閉めようとしたら、取っ手が抜ける。
コントみたいなこと初めてだ。抜けた取っ手を差し込んで出ることはできたけれども、もし取っ手が入らなかったら、取っ手をいれてもノブが回らなかったら。仕事場だったので大丈夫だろうけれども、仰天ニュースっぽくなっていただろうな。だとしてもベニヤのドアだから蹴破れば大乗だろう。
二千八百九十七日目-散髪-
仕事がはやめに終わったので散髪。
すっきりだ。明日からの洗髪が楽になる。そんな今朝は寒かった。窓を拭いたらすぐに凍る。
冬になったなと実感する瞬間であった。
二千八百y九十六日目-特に何も-
これといって特になにもない。
お昼に緊急地震速報がテレビから聴こえてきたことくらいかな。その後に、東京に大きな地震はやってこなかったけれども、ドキドキするな。あの音は。
二千八百九十五日目-寒い-
夕方過ぎに吹き始めた風がはんぱなく冷たく、一気に寒さが強烈になった。
帰宅の自転車に乗ってたらぴゅーって音が聞こえてきた。大寒は、21日だからこれから寒くなっていくのかな。
大寒は厳しさの最後で、そこから暖かくなっていきますよだったかな?なんにしても寒い。
二千八百九十四日目-ドラマ「ストロベリーナイト」-
ストロベリーナイトがドラマ化。2時間ドラマには昨年なっていたけれども、その時は小説読んでいなかったし、見なかったのだけど、シンメトリー、ソウルケイジを基にして連ドラってことで見る。というか見ているのだけど、姫川の母親ってこんなにヒステリーだったか?なんか異様な気配が彼女の家にはあった。それは、過去の出来事があって彼女を守りたいのだろうけれども、いきなりイメージが違った。
二千八百九十三日目-休日出勤-
連休がなくなる。
午前中だけ休日出勤。朝、ゆっくり寝ていないと休んだって感じがしない。午後家にいたとしても。あー連休のある仕事に就きたい。
二千八百九十二日目-寝すぎ-
起きたら12時だった。
寝すぎたけれども、まだまだ10時間くらいは平気で寝ていられる。
そんな今日は、モスバーガーの金のテリヤキを食べたのだけど、テリヤキバーガーっぽくなくってしょうゆ味が強めで、イメージと違った。
二千八百九十一日目-筋トレ-
昨日、久しぶりの筋トレ。
やっぱり体が重たいな。体が重たいのか、筋肉の稼働量が下がっていただけなのか。今日は風が強く冷たい。暖かい場所にいると手がかゆい感じになる。
二千八百九十日目-特に何も-
これといって特になにもない。
仕事はそこそこ忙しいっぽいけど、そこまで本格的に忙しくはないし。そんなに急ぎではないのが多いから。
そんな今日。
二千八百八十九日目-仕事始め-
仕事始めの今だけど、いきなり会社を辞める人。
決まっていたのならば昨年末で終わりにすればいいのに。仕事始めだったけど、どかどかと仕事が入ってきてちょっぴり忙しい一月になりそうな気配。はぁー。いやだ。
二千八百八十八日目-腿の筋肉痛-
昨晩のランニングの影響であろう。前腿にはりがある。筋肉痛だ。歩くのが痛いってことでもないんだけど、久しぶりの筋肉痛の感覚。明日から仕事だ。なんとなく頑張ろう。
二千八百八十七日目-ランニング-
あまりにも体がだるいというか重たくなっていたので、ものすごく久しぶりにランニング。
腿の前側に疲れがある。靴は、14年も前に買ったバッシュ。ほとんど履いていないので綺麗な状態。物持ちがいいってのも悪くないけど、14年前だから悪いのかな。ソールがちゃんとしているので、足を外側から着地してしまう普段の歩き方を矯正してくれている感じだったけど、ちゃんと足をまっすぐ着くので逆に走りにくさもあった。
久しぶりの発汗は気持ちがいいもんだ。
二千八百八十六日目-お見舞い-
祖母のお見舞いに行く。
昨年のお正月の時は、一緒に鍋を食べたのに。変わるのはやいな。だけど、意識ははっきりしていて私のことを認識していたのでよかった。
そのあと、家に叔父と叔母がやってきた。兄弟もやってきて総勢11名。こんなに人であふれる家ははじめてだ。