今日の出来事
二千八百八十四日目-大晦日-
大晦日
今日で2011年も終わりだけど、別に2012年になるからって何かが変わるのだろうか。
学生だったら進級、進学とかあるけど、大人になると別に。
税金関係が変わったりするのはあるだろうけれども、今年度はまだ3月まであるわけだし。
来年は今のワーキングプアの状況から脱するように頑張ろう。
スポンサーサイト
二千百八十三日目-年末-
年末だけど、これといって特になにもなくだらける。
起きたら11時半だった。ヤフオクで落札した本が到着。楽天オークションで落札された商品を発送。
そんな一日。
二千八百八十二日目-仕事納め-
やっとこ仕事納め。
明日からやっと連休だ。連休が少なすぎるので貴重すぎる連休だ。
二千八百八十一日目-寒い-
きわめて寒い。
年の瀬だから、当然なんだけどこんなに寒くなくたっていいにの。
そんな今日は、これといって特になにもないんだけど、テレビが特番ばっかりでつまんない。
年末だからって特別なことしなくたっていいのに。
二千八百八十日目-手を挟む-
手というか指を挟んで、左手中指の第一関節部分に裂傷。
痛い。そんな今日は、これといって特になにもないんだけど、寒かった。
二千八百七十九日目-スナック菓子-
スナック菓子が食べたくなってピーコックへ。
以前、置いてあったお菓子の場所にドリトスがない。
うろうろと探して、見つかる。ピーコックにドリトスがないとピーコックである価値がなくなってしまう。
やっぱり美味しいドリトス。
二千八百七十八日目-小説「鍵のかかった部屋」-
貴志祐介の鍵のかかった部屋を読み終える。
行間も広く文字も大きいので、すんなり読み終える。読みやすかった。短編の密室ミステリーなのだけど、青砥弁護士はこんなにも天然ボケだったか?謎解きはディナーの後での、お嬢様以上の的外れな推理を冷静にというかほとんど相手にせずに、謎解きを進めていくセキュリティー会社の榎本。
このコンビはななかないい。ドラマ化もあるんじゃないのか?
表題の鍵のかかった部屋が一番よかった。鍵がかかっていなくって、開けるふりをして閉めていたってのが、密室と思われていたけど密室ではなかったというか、鍵がかかっていないのに、ドアに挟んであった名刺がカギの代わりになっていたという岡島二人の作品があったけど、そんな感じ。
だけど、どの作品も犯人特定に必要な証拠が少ないような。密室の謎は説かれているからそれでいいんだろうけど。

二千八百七十七日目-目の痛み-
餅つきの釜炊き担当だったので、目が焼けて痛い。
目を閉じているのが楽だけど、目は開けていたい。そんな今日はそれほど寒さは厳しくはなかったのでよかった。
二千八百七十六日目-自炊-
今夜は自炊をした。
豚肉をかってきて、生姜焼きっぽいのをつくる。
ちょっとしょっぱくなりすぎた。
そんな今日は仕事だったのだけど、明日も仕事だ。
まぁ実質的にはあと2日で仕事も終わりだし頑張ろう。
二千八百七十五日目-誕生日-
大人になると誕生日がきたところで、特になにもない。
ちょっと前にテレビで、1980年以降に生まれた人が最も多い日が、12月22日だったとやってたな。
明日は休みのはずが仕事になってしまった。三連休が年に二回しかないなんて、どーかしてる。
どーにかしようと思う誕生日であった。
二千八百七十四日目-トリビアの泉-
フジテレビでトリビアの泉が放送されているけど、再放送。
過去に放送したものを、寄せ集めて放送しているんだから再放送じゃないのか?再って文字を新聞のテレビ欄につけないと詐欺みたいなもんだよ。土曜日、日曜日のお昼の番組みたいな、年明けのスペシャルの番組宣伝の再放送を21時から放送するなんてやる気ないな。再放送、再編集で放送していい時間の割合でも決めたらいいのに。免許制の独占企業には厳しくしないと。
二千八百七十三日目-金正日死亡-
昨日のお昼に金正日死去のニュースがながれていて、今日も新聞一面はそのニュースだった。
独裁が崩壊するのは、アラブの春で起こっているけど、北朝鮮は民衆が蜂起するほど活力がありそうでもないし、軍がクーデーターってことはありそうだけど、それだと国の形は変わらないだろうし。
どーなることやら。
二千八百七十二日目-パソコンの捨て方-
パソコンのモニターは、ハードオフとかで買い取ってくれそうな感じだけど、本体のほうは古いし使えないと思うから、普通に粗大ごみで出すものなんだろうな。
パソコンは使い勝手になれるまで時間がかかりそうだけど、キーボードの押し感が心地いい。あと、画面の明かりが柔らかい感じなのでいい。
二千八百七十一日目-パソコン開封-
パソコンを開封する。
セッティングは簡単。前に買ったときはいがいと面倒だった記憶があるけど、簡単になったんだな。
今までアウトルックエクスプレスを使っていたけど、もうないのでどーしようか。
そこで受信していたのは転送できるようにしてあるけど、切り替えるのが面倒だな。だけど、やってしまわないといろいろと面倒もでてくるだろうし。
モニターが大きくなったけど、表示される画面はいっぱいににはならないので、ホームページ表示の時にウインドウの横に余白がある。
なんだか見慣れないけど、二画面開いておいたときはちょっと見やすいかな。ウインドウズ7なのでちょっと操作とか違うし、マイドキュメントってのがなくなってしまって、ファイルの仕舞場所を忘れたり間違えたりしないようにしないと。
そんな一日。片づけたパソコンの裏が汚かった。大掃除の役目も果たしてくれた。パソコン設置。
昨日のモニターはまちがいだったようだ。素直に返品だ。

二千八百七十日目-パソコン届く-
注文したパソコンがやってきた。
開封は明日でいいかと思うけど、モニターが二台きているっぽい。
注文書は、一台になっているから、相手側の間違いなのか、無料アップグレードキャンペーン中なのは、アップグレードしたモニターを別に一台ついてくるってことなのか。そんなことはないだろうから、きっと間違い配送だろうな。とはいえ、開封していないからなんともいえないんだけど。
二千八百六十九日目-眠気-
冬になったからなのか、寒さに耐えるだけで体力を消費しているのか、八時半くらいから三十分程度だった睡眠が、八時から九時ごろの一時間に増加。そんな今日は、それほど寒くはなかったのに。夕方に強めに吹いた風がきっかけに寒くはなったけれども。
二千八百六十八日目-天ぷらそば-
天ぷらそばが食べたくって、天ぷらとそばを買って帰る。
午後六時ごろの西友は空いていた。平日だからかな。天ぷらの隣にあった焼き鳥が美味しそうで買ってしまう。
ついつい買いすぎてしまう。ついつい食べ過ぎてしまう。まぁ体重はあんまり気にしなくってもそんなに増えていかないからいいんだけど。というか気にして毎日体重計に乗っているから意識して増えてかないのかな。
そんな一日。
二千八百六十七日目-小説「毒蛇の園」-
ジャック・カーリイの毒蛇の園を読み終える。
この作家の作品は、ブラッドブラザーに続いて二作品目。
発売順序をさかのぼり読んでいるので、ブラッドブラザーにもちょっとでてきたハリー・ノーチラスがなかなかキレ者でいい。相棒の僕ことカーソン想いでもあるし。
話は、大富豪の秘密といった展開。そこが毒蛇の園であったというものなのだけど、謎がとかれていく展開はいい。無理やりというか、つながりが見えやすくってわかりやすい。ディーヴァ-よりも文章が読みやすいし、順番に謎がとかれていくという感じもあるし。
だけど、富豪の秘密が露見しないなんて、この時代にあるのかな?隣の家の中はわからないものだろうけれども、悪評がまったくない悪も無理っぽい。いくらメディア企業を複数抱えているとしても、日本よりもメディアというか情報が開かれている印象のあるアメリカだから、メディア対メディアの対決も機能していそうだし。
まぁ小説だし、面白かったからいいか。
あとがきでは、家族もモデルはケネディ家と書かれていたけど、実際にケネディ家にはそうゆうことがあったそうだ。ウィキペディアで検索してみよう。
二千八百六十六日目-腰痛-
腰痛を感じるのは、パソコンの画面が小さいからかな。
今までより画面が小さいし、椅子の高さを低くしないとやりにくいからかな。
そんなんだけれども、快適なパソコン処理速度を得ているので座っている時間が短くはなっているけれども。
そんな今日は、天気もよくって仕事もそこそこはかどる。
二千八百六十五日目-クオカード-
ファミリーマートのレシートについていた韓国フェアの応募に当選して、レインボウってアイドルグループのクオカード500円が贈られてきた。どーせならカラがよかった。知らないよりは知っているほうがいい。とりあえずヤフオクにでも出品して500円以上の価値に変身してくれることを祈るけれども、知名度がないアイドルだからな。
二千八百六十四日目-皆既月食-
昨晩、21時から月食がはじまって23時には皆既月食とのことだった。
月がかけ始めて、ちょくちょく見ていたけど皆既月食になったときは、月が見えなくなるのではなくってオレンジ色っぽくなった。皆既になるまでは、消えていったのに。完全に消えるのかとおもいきや赤くなるなんて、皆既月食の太陽、地球、月の順番とかは理科の時間にならっていたけど、オレンジというか赤い月になるなんて習ってなかったよ。たぶん。
そんな今日は、ハキキンカイロのカイロ用ベンジン売ってるかなぁと思って西友へ行ったけど売っていない。それなら伊勢丹はどうかと行ってみたら売ってる。やっぱり伊勢丹は一味違うんだな。
二千八百六十三日目-吹き出物-
今週は吹き出物が多い。
先週の世界一受けたい授業でやってた顎関節のゆがみを直すエクササイズをやってからだから、ゆがみがなくなる過程で悪いものが噴出してきているのかな。もしくは急に寒くなったからかな。
どっちかわかんないけど、治ってほしい。
二千八百六十二日目-雪-
朝の雨が雪になる。
みぞれという感じで、雨とともに消えてしまったけれども寒かった。
12月もそろそろ半ばといった季節感まるだしの朝だった。
パソコンのキャンペーンおまけ品のクリーナーが届いた。
パソコンのオーダーチェックシステムは不具合で見られないとの回答を得る。
システムエラーならちゃんと表示すればいいのに。できないことをできますよというのはよくない。
二千八百六十一日目-ダメなのかデルは-
デルでパソコン買ってしまったけど、失敗だったかもしれないな。
注文完了しましたとメールが来たけど、住所と氏名が確認できないからそれらを書いてメール送ってくれときた。
意味不明だからチャットサポートに問い合わせても、ここでは対応できないの一点張り。
不具合でおかしなことした責任はどうなってるの?また明日電話しろって対応じゃダメなだかデルは。
なんとか対応はしてくれたので、デルで大丈夫なのかと思ったけれども、注文完了して注文書がきたのに、そこに書かれている番号を入力して納期などを検索してもひっかからず。
ダメだな。やっぱりダメだったのかデルは。対応は、サポートは最悪である。現状の感想では。
二千八百六十日目-パソコン購入-
パソコンを買ったんだけど、買っていない状態。
クレジットカードで購入しようとしたら、カード会社に問い合わせをしてからってことで買えないとのこと。
金額が高額だから慎重になっているのか?今まで十年以上カードを使用してきているけど、そんなのはじめてだ。デルに否定的な発言がネットで多いのはそーゆうのもあるのか?とにかくどーなっているんだか。
一日経過してもなにもないし。
二千八百五十九日目-雨に打たれて-
夕方ちょい前から降り出した雨。
雨具を持っていなかったので、傘差し自転車もしんどいし、脚が濡れるんだからってことで、濡れて帰る。
上下に上着を着ていたので、上着ってのはズボンの上にはくのも上着なのか?
べたべたと体に張り付くこともなく帰ってくる。
二千八百五十八日目-パソコン壊れる-
パソコンの電源は入るけれども、ネットに接続できない。
プロバイダーの電話相談時間外だし、別のパソコンからあくせす。
こっちのノートパソコンのほうが速度がはやい。
ページの表示はすいすいで快適だ。ネットの接続の不具合だからパソコンがぶっ壊れたんじゃないかもしれないけれども、買い替えは決定だ。
二千八百五十七日目-胃がん検診-
胃がん検診に行く。
健康診断のときと同じく、受信者が多い。
過去2年は、すくない人数だったけど、きっと開業時間を絞って人を受けているんだろうな。
バリウムは、ヨーグルトみたいで飲みやすい。一緒に飲む炭酸の粉はすっぱくて美味しい。
検査後に飲んだ下剤。去年はけっこうお腹が痛くなったけれども、今年はそうでもない。お腹が強くなったのかな?
二千八百五十六日目-健康診断結果-
先月に受けた健康診断の結果が通知されてきた。
全部Aだったので、問題はないけれども、基準値ギリギリのものもあった。
メタボリックシンドロームの数値みたいに、体の大きさによって基準値って違うんじゃないのか?とも思うけど、体は大きめだから、基準の範囲内であればより健康ってことなんだろうな。
二千八百五十五日目-雨-
霧雨パラパラの朝。
昨日もだったけれども、日中は雨は降っていなくって寒いだけ。
そんな今日は、よしパソコンを買うぞ!と決意する。
思い切って無駄だとしても、ハイスペックのやつを買ってしまおう。10万円くらいでも結構ハイスペックっぽいし。パソコンって安くなったんだな。