今日の出来事
二千五百十七日目-大晦日-
大晦日。
毎月最後を晦日っていってその年の最後だから大がついて大晦日なんだそうだ。
これといって特になにもないんだけど、まぁまぁ頑張った一年だったかな。

スポンサーサイト
二千五百十六日目-仕事納め-
長い一年だった。
もう2日くらい早く仕事納めになってもいいんじゃないの?と思う。
年に一回の三連休以上は嬉しい。

ハクキンカイロは、ポケットに入れていると温かいし使い捨てより熱い感じがあるけど、取り出して手で持っていてちょっと冷えるとそのまま冷たいまま。復活しないので、その点は使い捨てカイロの方がいいかな。
再度、ライターで触媒に火を当てても復活しないので、改善できるなら改善してほしいもんだ。

二千五百十五日目-ハクキンカイロ到着-
ハクキンカイロがやってきた。
試してみたいけど、つけたら途中で止めれないから、明朝試すしかないかな。
でも、朝からそんな時間ないし、24時間つけっぱなしにすればいいかな。
二千五百十四日目-小説「ブレイズメス1990」-
海堂尊の小説「ブレイズメス1990」
ブラックペアン1988の続編というわけではないけど、東城大学で高階が講師時代で、極北クレイマーの極北市の病院に病院再建のためにやってきた世良医師の若き日の物語。
ここの登場する天城という凄腕外科医が将軍速水っぽい雰囲気でいい。かなり気障な性格ではあるけれども、わが道を突き進むって感じ。
日本のやってきて桜宮にスリジエ・ハートセンターを設立するために動き出すのだけど、わが道を進んできた人が、海を好きに漂っていた人が、日本の医療を変える道を切り開くために進みだす。
佐伯の招聘に答える形でやってくるんだけど、佐伯との間になにがあったのか描かれていても良かったんじゃないかな。
スリジエ・ハートセンターは、その後の海堂尊の小説を読んでもでてこないから、達成できなかったんだな。
だけど、鏡の塔のデザインを依頼していたセンターは、アリアドネの弾丸で完成するエーアイセンターっぽいんだろう。天城のやり方を認めてはいなかった高階が彼の意思を受け継いでそんなデザインをねじ込んだのかな。
天城はどうなったんだろうか。
世良は花房看護師と良い仲。だけど、たしか花房は速水と一緒に極北大学?へ行ったはず。
極北市民病院へやってきた世良との再会、速水との三角関係みたいなお話も今後のあるのか?
天城の日本初の公開手術に感動して、一流を目指すには日本に居てはいけないのか?と尋ねたバチスタの桐生。
そんなカメオ出演も楽しめる作品だった。

二千五百十三日目-眠い-
夕食後にコタツに入っていたら眠くなってしまって一時間半くらい寝てしまった。
どーしてこんなに眠たいのか?って眠たさだった。

二千五百十二日目-餅つき-
餅つきをする。
火の当番をしていたので、目が痛い。
帽子を被っていなかったから、髪の毛バサバサ。
帰宅後、頭も痛み出したので、久しぶりにバファリンを飲んで安静にしていたら、寝てしまって起きたらすっきりほぼ回復。

二千五百十一日目-貼るホッカイロ-
貼るホッカイロを初使用。
なかなかいいもんだけれども、服に貼るからピッタリフィット感がない。
だから、屈んだりして服がピタリとしたときのような温かさを常に感じていられたらいいなと思うけど、そうすると低音火傷みたいなことになってしまうのかな。

二千五百十日目-寒い-
夕方過ぎから急に寒さが厳しくなる。
先日、新聞記事で見かけたハクキンカイロってのを買おうかな。
二千五百九日目-寝すぎ-
昨晩の眠気の影響なのか起きたら午前11時半だった。
寝すぎた。夕方になっても1時間くらい寝てしまったので、今日は合計で半日眠っていた事になる。
よく眠れるもんだな。

二千五百八日目-眠い-
夕食前から眠気が多かったんだけど、誕生日ってことでスパークリングワインを1杯飲むと、食後の眠気がはんぱない。1時間くらい眠って、ケーキを食べて30分くらい寝て、現在に至るけどまだ体が眠たい。
二千五百七日目-ブリ大根-
ブリ大根を食べる。
美味しい。ブリの身は、骨がいっぱいで食べにくい部分が美味しい。
そんな今日は、朝から腹筋に違和感。
どーしたんだろう。
二千五百六日目-鍋の翌日-
鍋料理を食べた翌日は、おならがよくでるし、臭いもけっこうなもの。
食物繊維で腸が活発に動いているからかな。
こらえるの大変だ。うまくガス抜きするのが大変だ。
二千五百五日目-大掃除-
大掃除ってほど大げさでは無いけれども、エアコンの中までしっかりと掃除をした。
だけど、エアコン内部をスプレーして掃除したけど、汚れがとりきれていない感じ。
また一ヶ月くらい経ったらもう一度やったほうがいいかな。
二千五百四日目-手荒れ-
手荒れがひどい。
これからは、常に手袋をして作業するように気を遣っていかないとダメだな。
二千五百三日目-小説「アリアドネの弾丸」-
海堂尊の田口、白鳥コンビの最新刊。
発売してからけっこう時間は経つけど、先日ヤフオクで落札したのを読み終える。
殺人事件が発生して、その謎を解いていく。バチスタシリーズ第一弾のチームバチスタの栄光のような謎解きがあるので面白かった。バチスタシリーズは、栄光いがいは、ミステリーって感じより、エーアイを導入する是非について戦うって感じだったのだけど、殺人絡みのミステリーでよかった。
容疑者が高階で、その謎を田口、白鳥がといていくって展開。
斑鳩、彦根、桧山シオン、ナイチンゲールの沈黙にでてきた歌手の恋人、目のガン?で父を殺そうとした少年、螺鈿の桜宮のお姉さん、極北クレイマーの監察医など、過去のシリーズの人物達がでてきた。
警察の仕掛けた冤罪を晴らしてしまったら、警察ってでかい司法機関をやっつけたらもう対決する相手はいないんじゃないのか?桜宮のお姉さんの目的がはっきりしない形だったし、エーアイセンターが桜宮病院のカタツムリに似ていたりと、次はエーアイセンターで桜宮と対決するのかな。
となると、潜入捜査していた姫宮がでてきて、田口、白鳥、姫宮の3人の活躍があるのかな。

二千五百二日目-味噌ロース弁当-
先日、オリジン弁当の前を通り過ぎたときに、店先の表示広告に味噌ロース弁当ってのがあって美味しそうだなぁと思っていた味噌ロース弁当を食べる。
390円なので、お安いので仕方ないけれども、薄切りロース豚肉が3枚しかはいっていなくって、もう少し欲しい。
味は、お弁当だからちょっと濃い目でもいいと思うけど、ちょっと濃すぎる印象。
それでも味は好みだった。
それからお惣菜の鶏レバーの煮物は、やっぱり美味しい。
二千五百一日目-自転車のライト切れ-
自転車のライトが切れてた。
球切れだったのだけど、昔の自転車のライトは、スイッチを入れてタイヤの回転で明かりが点くタイプだったけど、今のそうではなくって、暗くなって動かすと点く。これはどーゆう仕組みなんだろう。
二千五百日目-右胸の痛み-
心臓は中心よりやや左だから心臓じゃないんだろうけど、てか内側というより表面が右胸あたりが痛い。
きっと筋肉痛っぽいやつだろう。
昨晩は、体が軽くなったというか、筋肉がついたなというか、動きが良かったのでいつも以上にゆっくりと腕立て伏せをしたのが原因だろう。調子にのったらだめだって事だな。
二千四百九十九日目-ホッカイロ-
寒すぎるためにホッカイロを使用。
あんまり使った事がなかったのだけど、ポケットの中などに入れっぱなしにしていて温かくなってくるのであって、手で持っていてもさほどあったかくはならないんだな。
長時間持続するので、現在も温かい。だけど、捨てるときは完全に冷たくなってからだろうから、捨てるタイミングってどーなんだろう。一晩ほったらかしにしておかないとだめなんだろうな。

二千四百九十八日目-胃がん検診-
練馬区の胃がん検診を受診してくる。
バリウムは、二度目なので抵抗無かったけど、昨年もあんなにたくさんのバリウム飲んだか?
検診中にゲップをしたくなることはなく、検診終って階段あがってるときにゲップ。
夜はバーミヤンへ。豚肉と木耳と卵を炒めたやつは美味しい、それから、おぼろ豆腐の麻婆豆腐の辛いほうを食べたのだけど、唐辛子系の辛味ではないので口の中は辛くないんだけど、汗が出る出る。強い山椒の味が直接的な刺激的辛さではないことが影響しているんだろうな。

二千四百九十七日目-暇な1日-
今日も仕事は暇だった。
それならそれでいいんだけど。
そんな今夜食べた豚の角煮。
一緒に煮てある昆布がけっこう好き。昆布って出汁って役割なんだろうけど、おでんの昆布も好き。
二千四百九十六日目-特に何もない-
これといって特に何もない。
仕事は暇なのに、いつもは適当なのに、嫌がらせなのか神経質に仕事をされて無駄で無意味な残業。
だから、人が定着しないで、高い離職率が維持されているんじゃないのかな。
転職は、来年の四月前にはじめるとするか。
二千四百九十五日目-目覚め-
昨晩と言うか今日の未明に目が覚めて、トイレに。
コロコロとしたウンコが三個くらいでる。眠くって眠くって眠すぎて頭がいたい感じに。
睡眠後1時間くらいで午前2時だった。もっと寝てた感じで、4時くらいかなと思ってたんだけど、意外とぐっすり寝てたんだな。

二千四百九十四日目-寒い-
太陽が沈むとぐっと寒くなる。
足だけ暖まるようなアイテムは何かないかな。
二千四百九十三日目-暇な1日-
今日も暇な一日だった。
夕食後に食べた餅のような食感のロールケーキが美味しかった。
二千四百九十二日目-暇な1日-
今日は暇だった。
きっと明日も暇だろう。
よかった。
そんな今日は、帰宅時に買った今川焼きを食べる。
大判焼きともいうんだろうけど、美味しい。

二千四百九十一日目-ケンタッキー-
ケンタッキーが新規オープンというか道路工事のための再オープンって感じだったのだけど、買いに行く。
店に入ると文化祭か?って感じの若い声のいらっしゃいませ。レジ中にいる人数が多い。
レジは2台だけど、店員は5人くらいいる。開店の花が店頭にあるから、アルバイト店員も一新したのかな。
そんなケンタッキーを食べた後に、みかんを食べて、その後に飲んだコーヒーがみょうに苦く感じた。みかんの甘さの影響か?
二千四百九十日目-缶チューハイ-
缶チューハイを飲む。
いつもの午後8時ごろからのちょっとした睡眠が、30分くらい長くなった。
いまも眠気というか、ぼんやり感が抜けない。
二千四百八十九日目-大雨-
朝起きたら大雨。
玄関でたらびっくりの大雨。
八時半ごろにはすっかり弱くなって、時間と共に晴々として暑ささえ感じるほどに。
風は強い1日だったけど、朝との天気の違いにびっくりの1日。

二千四百八十八日目-トマト鍋-
トマト鍋を食べる。
鍋のときはそんなに特に美味しいとは思わないんだけど、締めの雑炊が美味しい。
チーズもいれて、これが最高に美味しい。
鍋を食べてるときに、前歯の後ろに違和感。骨でも刺さったのかと鏡で見たり指で触ったりしてたら、歯が欠けてるっぽい。硬いものなんて食べていないのに。