今日の出来事
二千三百六十七日目-444円-
仕事帰りに立ちよったセブンイレブンで買い物。
ペプシのストロングショット、カラムーチョの辛さ10倍、アイスのザクリッチ。
この合計金額が444円だった。
なんとなく買ったし、三つ揃いになったのは初めてだったのでビックリ。
だけど、4ってあんまりなぁ。

スポンサーサイト
二千三百六十六日目-涼しかったのに-
朝はパラパラ雨でそこそこ涼しかったのに、昼過ぎから暑さがやってきた。
腫れた左手指先は、痛みが増してくる。
二千三百六十五日目-左手人差し指腫れる-
化膿したのか?左手の人差し指が腫れてきた。
軽く触ると痛いので、仕事がしにくい。
そんな今日は、パラパラ雨で涼しくって過ごしやすい。
これくらいの気温ならパラパラ雨も歓迎だ。

二千三百六十四日目-小説「あした天気にしておくれ」-
岡嶋二人はやっぱり面白い。
競馬に関する知識なんて必要なくって、狂言誘拐犯が主人公と言う設定も面白い。
誘拐犯が脅迫されてしまって、自分たちの計画に、別の計画がかぶさってきて、身代金受け渡しまですすんじゃう。
靴を蹴っ飛ばして、どーなるのかわからない状況。せめて天気になる落ち方をしてください。ってお願いするしかない。って小説。


そんな今夜はむしょうに喉が乾く。
二千三百六十三日目-焼肉-
炭火焼肉を食べに行く。
炭火の方が美味しい気がする。気がするだけかもしれないけど、それでいいと思う。
昨日のうなぎに続いてスタミナ食で暑さに対抗しよう。
二千三百六十二日目-うなぎ-
土用の丑の日なのでうなぎを食べる。
やっぱりうなぎは美味しい。
二千三百六十一日目-マカフィーのフルスキャンはやっぱりダメだ。-
マカフィーのフルスキャンがやっぱり完了できない。
問題のファイルは削除したのだけど、長いこと管理、メンテナンスしていなかったからかな破損ファイルが多いのだろう、こりゃダメだ。
てか、どーしたってやっぱり破損ファイルがあるからそこで停止しちゃうなんてマカフィーの仕組みが変だよ。
破損があるかないかなんてわかんないんだから、フルスキャン中は定期的に観察しなきゃらないってことになるわけだし。他のウイルスソフトはどーなんだろうな。
二千三百六十日目-今日も暑かった-
今日も暑かった。
自分が汗臭いのが認識できるくらい暑かった。
とうもろこしみたいな臭いがしていた。
二千三百五十九日目-疲れた-
今週は暑いし忙しいし疲れた。
あと一日で終わりだ。
なんとか頑張ろう。
お昼に食べた鳥のテリヤキ弁当が美味しかった。
マヨネーズとマスタードがかかっていて、マスタードがほどよい辛みと酸味があってよかった。

二千三百五十八日目-マカフィーの立ち上がり-
今日も暑かった。
三時ごろに食べたかき氷が美味しかった。
熱い体を冷やすよう方法はないもんだろうか。

そんな今日だけど、昨日もだったけどマカフィーの立ち上がりが遅い。
昔のバージョンは立ち上がり中ですって、遅いですけど。とわかりやすかったのに、今回のバージョンはこっそり、ひっそりしながら、ゆっくり立ち上がってるから、わかりにくい。
だから、立ち上がってる最中にパソコンさわってしまうと、なんでこんなに遅いんだ!?となる。
今日、マカフィーのバージョンが、嫌がらせみたいにこっそり立ち上がってる、マカフィーは素早いですよ。と思わせたい表示の仕方をしているんだってわかったからあすからは気をつけないと。
二千三百五十七日目-マカフィーはサポート能力ゼロ??-
チャットサポートで確認しメールしますって返答だったのに、来ない。
まともに対応してくれないマカフィー。
ノートンとかより安いはずだったから、やっぱり安かろう悪かろうなんだろうか。
2年契約なんてしなければよかった。
二千三百五十六日目-とくになにも-
これといって特に何もない。
暑さが厳しくしんどい。
ロンドンハーツにでてる池田夏希ってスタイルいいな。
二千三百五十五日目-エラーチェック-
昨晩からやっていたエラーチェックは、今朝終了していた。
それでもマカフィーのフルスキャンは途中でダメ。
うーん。ダメか。パソコンを買い換えるか、中身をそっくり入れ替えないと。
二千三百五十四日目-システムエラーチェック-
自室のパソコンはシステムエラーチェックっていうのか?たしかそんなのをやったら午後2時からはじめたのに、まだ終了しなくって使えないから別のパソコンから。
キーボードが変わると結構打ちにくくなるんだな。
そんなことの原因となったシステムエラーチェックを開始したのは、連休だからって理由ではなくって、マカフィーのフルスキャンをはじめたら途中でとまってしまってどーにもならないことをサポートに問い合わせしたら、ファイルの破損が原因でしょうから、エラーチェックしてみてはどうですかって回答とやり方を教えられて安易にはじめてしまったわけ。こんなに時間がかかるとは。
てか、パソコンメンテナンスの一環としてちゃんとやっとかなきゃいけないことなんだろうな。
二千三百五十三日目-暑い-
暑い1週間が終り、5月以来の連休がやってきた。
たったの2連休なので、一般的な会社の週末と同じなんだけど。
そんな今日のお昼に、究麺のつけめんを食べた。
酸味がほどよくあるつけ汁はいいんだけど、麺があんまり美味しくなかった。
もっと美味しい麺だった印象なんだけど。待ち時間が短かったのかな。ちゃんと計ればよかった。
二千三百五十二日目-ヤフオクの評価-
2つの商品を同一人物から落札して、2つの商品代金を支払っているのに、どーして評価はいっこぶんなの?
ヤフオクの評価っていいかげんで当てにならないものだってことだな。
二千三百五十一日目-蒸暑い-
今日も蒸暑い。
だるくなるから冷房は控え目に。
そんな今日は、ヤフオクで落札した岡嶋二人の本が2冊やってきた。
状態もよくすばらしい。
二千三百五十日目-小説「交渉人 篭城」-
遠野麻衣子最後の事件で終わりかとおもっていたら、遠野麻衣子が再び登場。
「交渉人 篭城」
五十嵐貴久は、アクション系小説のほうが面白い。
今作では、アクション要素はまったくといっていいほど無くって全編を通して交渉が中心。

テーマは、少年法。
少年法なんてなくなってしまえばいいのに。って同情的な考えになる。
つい最近、中3の女子が友達と一緒に、お互いに家に火をつけようと約束して実行。
そして放火して家族を殺してしまう。友達の家に行って火をつけたとき、ばれて捕まる。

そんな少女が「三年後に会おう」なんてことを犯行の前にクラスメートに話していたそうだ。
彼女たちは、少年法で守られることを知っている。
名前も顔も公表されず、医療少年院か少年院で矯正教育を受けて出所。
15歳なら18歳でいい。高校の三年間を全寮制の場所ですごしたというような感覚なのだろうか。

意図的に意識して殺人を行なっても、少年法で守られる。
少年法の悪用。無法状態のような状況になる前に、なんとかしなきゃいけないんじゃないかな。


二千三百四十九日目-肌寒い-
今日は肌寒い。
雨もポツポツ降ってる程度。
TBSリンカーンのお笑いG6の2時間スペシャルは最高に面白い。
二千三百四十八日目-チキンバーガー ソルト&レモン-
昨日食べたのだけど、美味しかった。
昼間の混雑時間帯に購入したのがよかったのが、できたてだったのか温かく、チキンとレモンの匂いがたちのぼってきて、食べる前から美味しそう。チキンの油もほどよく、レモンと塩のソースもよく、レタス、玉葱とバランスよくしあがってた。



二千三百四十七日目-映画「デジャブ」-
すごーく久しぶりに映画を観た。
日本テレビで何週間構えに放送していた「デジャブ」
ちょっと反則技の結末。
タイムスリップしてきたATFの連邦捜査官がテロを阻止して死んだと思っていたら、現実に生きてる同じ人物がやってくるんだから。
まぁこの方法を用いれば、命をかけてテロを阻止することができるのだから、完璧な防衛技術だよな。
タイムスリップしなくっても、4日前のリアルタイムの映像を自由自在に見ることができるのだから、特定の範囲内ではあるけど、犯人検挙率100%のシステム。

物理学で、過去の時間を映す事ができるし、人間までをも送り込める。

指紋、血染めのガーゼ、燃えた家と救急車など、タイムスリップしたことの証拠を見せつつのタイムスリップ展開。ちゃんと前フリがあったのは良かった。

タイムスリップした人間とそうではない人間が協力する体制を整えれば完璧なシステムの完成だ。

そんな映画。

二千三百四十六日目-鍵を忘れる-
20時ごろからぐっすり睡眠。
明日は、やっと休みだ。7月になってはじめての休み。
いくら暇とはいえ休み無さ過ぎ。
そんな今日は、会社に鍵を忘れてきてしまった。家には誰もいなかったので、どーしようかなぁと思っていたら、絶妙なタイミングで兄がやってくる。
休みはないけど、運はあった。

二千三百四十五日目-眠い-
眠気が昨日に続いて20時ごろからやってきた。
先月最後の日曜日以降休み無しだしな。
労働基準法は存在しないのか??
二千三百四十四日目-ヤフオク-
久しぶりに出品したヤフオクの音楽ギフト券が無事に落札された。
額面500円なのに、送料含めて503円って損なんじゃないの?って思うけどこっちには関係ないこと。
そんな今日も暑かった。水分補給をしすぎたかな。
二千三百四十三日目-疲れた-
なんだかドット疲れて八時半からぐっすり。
蒸暑さが原因かな。
体が重たい。筋トレする気力もない。無理にやろうとは思わないけど。
二千三百四十二日目-暑い-
今夜は蒸暑い。
昨日の雨にこりて、今日は雨具を持っていったけど雨はなし。
そんな今夜、食べたさんくらんぼが美味しかった。
二千三百四十一日目-豪雨-
五時半くらいからの激しい雨。
雨具がないし、そのままずぶ濡れで自転車。
その途中、諦めたように傘もささずに帰宅しているであろう人たちがちらほら。
気温は低くないから、ぬれたって平気さ。
二千三百四十日目-焼肉-
休日出勤。疲れた。眠い。
帰宅してから焼肉を食べに行く。
久しぶりの焼肉は美味しい。
それにしても眠い。
二千三百三十九日目-眠い-
今日は眠い。
暑いから疲れがたまりやすいのかな?
久しぶりに食べたドミノ・ピザ。
名前はわかんないけど、テリヤキチキンの乗ってるのが一番美味しいと思う。
二千三百三十八日目-唇の荒れ-
リップクリームをポケットの中に入れたまま洗濯をしてしまいリップがない。
夏なのに、唇があれるときがあるので常用。そしたら、荒れがひどくなってきて、セブンイレブンで買ってぬりはじめたら翌日にはすっきり。単純な唇だな。