今日の出来事
千四十日目-つけ麺やすべえ-
久しぶりに池袋のつけ麺店のやすべえを食べる。
小麦価格上昇で値上がりした前後の、寂しくなった煮豚が、それ以前にすこーしだけ、ほんの少しだけ近づいていた。
小麦の卸価格って4月くらいから下がってる?はずだと思うんだけど、一度値上がりしたものって下がらないんだよな。電気、ガスは下がるのに、食品ってなんかずるい。
スポンサーサイト
千三十九日目-給料日-
今日は給料日。
週6勤務で、残業も16時間くらいやったはずだけど、思ってたよりも少なかった。
そんな1日。仕事だけで、なんにもない生活になってしまった。
千三十八日目-肌寒い夜-
今夜は、肌寒い。雨が降ったり止んだりの1日。
まぁこれといって特に何も無く、無難な1日。
千三十七日目-雨-
今日は雨が降ったりやんだりの1日。
昨日から実家へ停まりで行ってる母親が、帰宅するといた。
夕食に食べるサラダを買ってきたけど、メインを買わなくって良かった。
そんな1日。
千三十六日目-財布-
明日の朝は、お茶漬けでも食べようと思って買い物へ行こうと思って、鞄の中から財布を取り出そうとしたがない。財布がない。会社に置き忘れてきた。
そんなわけで、100円玉貯金の中から引っ張り出して買いに行く。
千三十五日目-炭酸飲料-
仕事帰りに三ツ矢サイダーをセブンイレブンで買ってのみながら帰る。
帰宅してコカコーラゼロがあったので飲む。
炭酸飲料を一リットルも飲んでしまった今夜は、涼しい。

サイダーを買ったセブンイレブンでクオカードをだす。
店員はそれをレジに通してカードを返しながら「残り20円です。」
商品持って立ち去ろうとしたら「あと20円ください。」って・・・カード渡して残り20円って言われたらカード残高20円だと思っちゃうじゃないか。
千三十四日目-核実験-
北朝鮮が地下核実験実施。
核兵器を所持していない国が、駄目でしょっていうのは説得力あるけど、持ってる国が言っても説得力はないよな。
そんな今朝は、家をでてちょっとしたら雨。坂道登ってすぐだったので、引き返す。
傘をさしていったのだけど、結構な激しさの雨で、バッグがびしょびしょで、本がぬれてしまった。
そんな雨も昼前には止む。
千三十三日目-映画「ファイアーウォール」-
テレビ朝日で放送。
銀行幹部のネットセキュリティー開発部門の開発者のハリソン・フォードの家に銀行強盗がやってくる。家族は自宅に監禁。ハリソンは銀行で、高額預金者1万人から1万ドルづつ強盗の口座へ送金させる事に。しかし、銀行合併が進行中で端末が移動。てことで、FAXのスキャナー部分とアイポッドを繋いで読み取り保存。それを文字読み取りしてパソコンデータに変更。
そんな感じで送金端末から指示を出すのだけど、行く必要のない場所にいるハリソンに気がついた銀行上司が彼を追跡。振りほどいて自宅へ。
そこには家族はいない。いたのは強盗の下っ端。そいつをやっつけて、セキュリティー部門の仲間の男のもとへ行くが強盗のボスがいて彼を殺してしまう。
ハリソンは、送金指示画面の一部を携帯で撮影していて、それをもとに送金の取り消しを行なっていく。家族を返さなければ金は一切やらない!
その電話の最中に電話越しに聞こえた飼い犬の声。飼い犬が家族と一緒に移動している。首輪につけてあるGPSを追跡して犯人の隠れ家へ。
格闘の末家族を救出。

銀行幹部のネットセキュリティー開発部門の人間のおじさんだけど、家族のために力いっぱい頑張る姿が言い感じ。エアフォースワンのハリソンっぽくもある。
ハリソンの秘書をしているドラマ「24」に出演している情報部門の女性。彼女が24と同じようなキャラクターで、嫌々な顔しながらも事件に巻き込まれていって、結果的に正義の味方になっている感じがいい感じ。肉体派すぎない知的な雰囲気もあるハリソンらしいアクション映画だった。

千三十二日目-なんだろう-
これといってとくに書く事がない。
夜になって雨が降り出す。
千三十一日目-toto当選-
サッカーくじのtotoに当選。
今回当選したのは、先週土曜日のminiBIGの三等4,140円
それから第389回mini toto-B組一等937円
今週も当選するといいな。
千三十日目-東京発症-
新型インフルエンザ感染者が23区内で確認された。
昨日の晩に八王子で確認がされているけど、感染者がでるたびに、テレビのニュース速報がでるけど、それもそろそろなくなるだろうなってくらい爆発的に広がるだろうな。
千二十九日目-炭酸飲料-
仕事の後の1杯。ビールを飲むって感覚がなんとなくわかりはじめた。
ビールをのみたいとは思わないけど、喉がシュワシュワする炭酸飲料が飲みたくなる。
そんなんだけど、体重と体脂肪率は減少傾向。
体重70.6。体脂肪率13.4になった。
千二十八日目-特にない-
これといって特になにもない。
新型インフルエンザ拡大がニュースのトップ。拡大してくのは、間違いないから、自然の猛威が自然に過ぎ去ってくのをこらえるしかないんだろうな。
千二十七日目-新型インフルエンザ-
兵庫、大阪の高校生を中心に新型インフルエンザ拡大感染。
とうとう国内症例出現。いったいどーなってしまうのかな。関西ででたんなら、関西よりも人口多い東京でも確認されていないだけで、感染拡大しちゃってるのかな??
まぁ自分は、電車通勤じゃないし、人気の多い場所に勤めているわけでもないから平気かな!?
そんな今日は、8時半頃まで仕事で帰宅したのが9時過ぎ。西友で夕食を買ったから少し遅くなった。
千二十六日目-料理-
両親は実家へ帰省。
夕食は自炊とはいえ、お肉を買ってきて焼いただけなのだけど、下味を砂糖、醤油、おろしにんにく、コチジャンでつけておいたのだけど、目分量でやったら自分のイメージよりも味が濃かった。
そんなに濃い味にはならないだろうと思っていたんだけど。以前も同じ過ちをしていて、目分量のときは、少な目の感覚でいいんだな。
昨日録画したダヴィンチコードを観ようかと思っていたけど、昼寝とかして観なかった。
千二十五日目-腰痛-
今日も腰に痛みと疲れが残ってる。
なんとかならないかな。医学の進歩で腰痛を完全完治できないかな。
そんな今日は、これといって特に無く、民主党の新代表が鳩山由紀夫に決定。
なんかリーダーって感じがしないひ弱というか、軽い感じのお坊ちゃんって感じがするんだよな。
黒くても小沢の方が迫力あるリーダーって感じ。
友愛の精神で、一致団結で頑張ろう!というのは大事だけど、強い存在感のカリスマ性溢れる人物の友愛がいいから、小沢+鳩山がベストなんだけど、そんな人はいないわけで、となると岡田のほうが、いや前原のほうが、リーダーっぽいんだけどな。個人的な印象だけど。
千二十四日目-映画「サラマンダー」-
日本テレビで放送。
久しぶりに映画を観た。
廃墟となったロンドンの市街地で、ドラゴンと対決してもよかったんじゃないかなと思う。ロンドンじゃなくっても、市街戦が観たかった。
ドラゴンと戦うというと伝説の世界の騎士みたいのがでてきて戦うって感じだったのだけど、そうではなくて廃墟なった現在から20年後くらいのイギリスが舞台。

地下鉄の工事中に、ドラゴンの巣穴を掘り当ててしまって、冬眠中のドラゴンのサラマンダーのお目覚め。サラマンダーは、あっというまに増加して、世界は廃墟とかす。
人類は核兵器を持ち出して戦うが敗北。
生き残った人類は、細々と地下の避難地にして暮らしている。

そんなイギリスへ、戦車とヘリコプターにのってアメリカ海兵隊がやってくる。
彼らの目的は、ドラゴン退治。退治をしていて気がついた事があり、それは全部が雌で、タマゴを一個持っている。オスはロンドンの最初の一匹ではないか。それがタマゴに受精して孵化し、人類を含む生物を食して増加していく。

海兵隊と戦うことを拒否する男。クリスチャン・ベールが演じていて、彼は最初のサラマンダーを目撃した唯一の生き残り。母が地下鉄で働いていて、彼女に会いに行きサラマンダーを目撃。
彼は、一緒に暮らす人々を子供たちを守りたい。
戦うことよりもサラマンダーが、生物を食いつくし、再び冬眠するのを待っている。

それでも、彼らの根城にたびたびやってくるサラマンダーを一匹退治する。
これでしばらく平穏が続くだろう。

しかし、やってきたのはオスのドラゴン。
圧倒的な破壊力で根城は崩壊。多くの命を失う。

オスを退治しなければ。死んだ仲間の復讐だ!これ以上、死はみたくない!
海兵隊も壊滅状態で生き残りは2人。
マシュー・マコノヒーだったかな?彼が海兵隊のリーダーで、それから女性がひとり。

三人で、サラマンダーオスの根城へ。
多くの雌がいる。サラマンダーは餓えていて、共食いを始めている。
オスを倒すには、残った武器を利用する。矢の先に爆弾をつけて、火を噴く寸前に口内攻撃。

海兵隊ボスは、攻撃に失敗して死んでしまう。
残るは、女性とクリスチャン演じるクイーン。女性がマシンガンで気をそらし、クイーンが大声だしてサラマンダーを振り向かせ、口を開けたときに矢を発射。

見事に命中しオスは死亡。

それから2ヶ月間。サラマンダーは姿を見せない。
クイーンは根城を作り直し、平穏に暮らしました。フランス語の無線も入ってきました。


家を守るか、守るために戦うか。その気持ちの変化してくのでよかった。やるっきゃない!そんな時があるんだ!って感じ。
だけど、最初は野菜を収穫に行っただけで、サラマンダーが襲ってきて、大変だったのに、普通に戦車、ヘリコプターが登場してきたりってのは違和感。
圧倒的に強かったドラゴンが、最後は地に脚をついて、じっくり嬲り殺そうって感じになったのも違和感。久しぶりの食事だからじっくり楽しみたかったのかな。
千二十三日目-腹筋-
腹筋の回数が減ったからなのか、お腹がすっきりした感じがしない。
もう少し頑張って回数をこなすとしよう。
そんな今日は、これからブックオフへでもでかけてこようかと思う。
千二十二日目-涼しい夜-
今日は、涼しい1日。
夜になっても涼しくてよく眠れそうだ。
そんな今日は、昨日当たりから左手の人差し指が痛い。磨ぎ作業で力が入ってるからだろうな。
それから、脚の中指が左右とも変な感じ。
千二十一日目-腰痛-
このところ腰痛がでてきた。
体がボロボロになっていく。体重は、70.8、体脂肪率14.4の今夜は、涼しく寝やすそうだ。
似忠は、蒸暑くってしんどかった。
千二十日目-小説「誘拐児」-
久しぶりに読み終えた小説。
面白かった。誘拐の話ではないのだけど、自分が誘拐されたかもしれないと、病床の母から聞かされ母は無くなり、出自を探る。それから、その誘拐事件に関わっている可能性のある殺人事件の捜査が絡んでくる。
トリックは、なんか微妙だし、他人任せ。誘拐事件の証拠の新聞紙も燃やさないで、隣家の子供が盗んでしまって、それを主人公を母(育てた女)がずっと保存していたのも不思議な感じ。
それでも、出自の謎解きと殺人事件の謎解きの二つがテンポ良く混じっていて、二つの話がまじってく流れがよかった。
千十九日目-なんもしない日曜日-
特になんもしない日曜日は、蒸暑い。
こんなにも蒸暑いなんて五月晴れも度が過ぎる。
映画を観ようと思ったけど、なんとなく観なくって、一ヶ月以上も観ていないかな。
千十八日目-脚の中指-
脚の中指が両方ともなんだか感覚が麻痺というか、痺れた感じになってる。
股関節と足首が硬いので、ヤンキー座りがにがてで、足先をまげて腰を下ろしていることが多いからだろうな。
千十七日目-雨-
今日は午前中は雨で、午後は曇り。
雨だと洗車作業がなくなるので楽だけど、自転車乗るのは嫌だ。
変えの靴下を持っていったけど、靴がぬれてるから靴下変えても、それほど効果はなかった。失敗。
ゴム手袋がないので、手荒れが気になる。
日曜日に買いに行かなければ。
二千十六日目-雨-
降ったり止んだりの雨の1日。
そんな今日は、色塗りをやらせてもらえたのだけど、あんな角度で、方法でなんてやったことがなく、いきなりハードルの高いものだった。
二千十五日目-連休最終日-
連休は、2日間で1日出勤、また1日休みって感じだった。
まぁこれといって特にすることもなく。
そんな今日は、午前中に散髪。午前中から雨だった。
明朝はやんでいることを祈る。
二千十四日目-休日出勤-
今日は休日出勤。
朝からペンキ塗りで午後になって雨が降ってきたので、事務所内のワックスかけをする。
それから、新聞読んで時間を潰したりして定時前に終了。
だけど、雨だししんどかった。帰宅が。
二千十三日目-睡眠時間-
昨日は、朝目が覚めて2度寝できなかったけど、今朝は眠れた。
10時まで寝ていられた。そんな今日は、お昼にマクドナルドのビックマックを食べた。久しぶりのジャンクフードは、美味しかった。
連休は、ひとまず今日で終わり。明日は休日出勤。その代休はあるのか!?ない場合は労働基準法的にはどーなんだろうか。4週間に4度は休みがなければならないって事だったはずだから、代休はなくってもOKなのかな。
二千十二日目-連休開始-
ゴールデンウィークは、世間では後半のようだけど、やっとこはじまった。とはいえ、疲れちゃってナンもする気なし。寝てようかと思っても7時には目が覚めて、2度寝しても8時には眠ってられずに起床。
10時半ごろに久しぶりに1円パチンコへ。北斗の券が800円目で大当たりして、5.5箱でて5千円になった。12時には終えて帰宅。
二千十一日目-退社-
2名退社してた。
ひとりは、昨日挨拶をした同じ工場内の塗装の人。もうひとりは営業の人で全然知らない人。
彼の退社は大きな戦力ダウンだろうな。古いタイプの塗料じゃなくて新しい塗料を使いたい。と申し入れていたけど、意見が通らずに退社したそうだ。
世代交代しないと代謝がないので、3年後くらいには厳しい事になるだろうな。彼の世代が中心となって、いかないと新しいものを取り入れていかないと、新しい人が入ってこないし、入ってきたとしてもやっていけないんじゃないかな。8年も勤めていたのに、なんだか酷いなと思った。
もう少し新しい方向へ進む、先を見た経営ってのを考えないといけないんじゃないかななんて、新入りながらに感じた。