今日の出来事
六百三十二日目-寒い-
今日は、雨で20度を下回る気温。
寒さを感じる気温の今夜は、鍋。
テレビ東京で大食い番組を放送しているけど、よくもまぁそんなに喰えるな。ラーメンを60分間で29杯。
僕は、早稲田外語に通ってた2002年だから5年前に、らーめん大統領で、たしか替え玉3個が限界。初めの1杯目とあわせて4玉。

スポンサーサイト
六百三十一日目-無花果-
生の無花果(いちじく)を食べた。
初めて食べたけど、美味しかった。柔らかくほのかに甘味のある果肉に、プチプチとした食感の種。
似ている果物を挙げるとすると、洋ナシだ。

そんな今日は、涼しい。涼しすぎて半袖ではなくて長袖を着る。
六百三十日目-麒麟円熟-
今夜は、「麒麟円熟」を飲んだ。口当たりがよく飲みやすい。だけど、じんわりと酔いがまわってくる感じ。
ランニング前から、右足ふくらはぎに違和感。
日中は、夏のように暑かったけど、夜になると秋の涼しさ。

ミャンマーのデモが、大きくなり軍事政権が押さえ込むために発砲。複数の人間が死に、その中に日本人ジャーナリストがいた。
軍事政権だから独裁的国家で天然資源の見返りに支援している中国の存在が大きく、常任理事国である中国の動きもあ国連も機能しにくいとの報道。民主化デモを起す体力が残っているうちに、国際社会の介入で上手な解決を望む。北朝鮮みたいに国民が疲弊仕切ってからでは遅いんだから。
六百二十九日目-小説「ダイスをころがせ!上・下巻」-
20070927225811.jpg

20070927225822.jpg

選挙をテーマにした小説ははじめて。
堅苦しいことなく読めた。それが真保先生のすごい部分なんだろうな。
だけど、結末はがっかり。選挙開票速報を事務所で見るシーンで終わっていて、肝心の選挙結果が書かれていないからだ。
エピローグとして、健一郎の夢と希望は叶い家族暮らしながら仲間離れなずに東京で暮らし始めた。健一郎の願いは叶った、次は妻である美緒の夢と希望を夫として支えていかなければならない。ってな感じで、選挙に当選したことを匂わせてほしかった。

主人公の健一郎は、高校時代の親友が彼らの地元から衆議院議員選挙に立候補するから秘書を務めてくれと頼まれる。
しかし、仕事で失敗し子会社に出されるがやる気が湧かずに辞めてしまい家族との関係もうまく行っていないとき。
仕事の失敗は、地元での老人ホーム開発。その裏に疑惑がある。それを解明、究明するという事も動機付けになっているという厚みもあり、この開発問題は最後まで絡んでくる。だけど、結末ははっきり見えないんだけど。
それから、立候補した達彦とサキとの三角関係。高校時代の肉体関係なんてないのに、純粋な気持ちだったから、割り切れない部分がある。
そんな大人の部分と子供の部分の気持ちも合い混じりつつ、選挙の仕組み。政党に所属してないと、とても不利であるという法律。
選挙の問題点を明記されている。
だけど、政党側から見れば、むやみやたらと立候補者が乱立した場合の税金の無駄を考えれば、致し方ないのかなとも思うけど、各政党は政党交付金は、もらいすぎだ。

自分の持ってるダイスを転がさなきゃ、なにもはじまらない。政治だけではなくて、全てにいえること。
動かなきゃ。じっとしていても、なにもはじまらない。何かしたければ、挑戦しなきゃ。誰も変えてくれないよ。って前に勇気を持って進む気持ちが伝わってくる作品だった。

六百二十八日目-お取り寄せ-
お取り寄せというか、母がショップチャンネルで購入した「紀州南高梅 完熟梅と天然岩のりの佃煮」が美味しい。
熱いご飯と一緒に食べると、梅の風味、海苔の風味が増して旨い。
そんな今夜は涼しくって過ごしやすい。

巨人が中日に勝って優勝に近づいた。解説者の江川によるとこの3連戦で2勝したほうが優勝だという事だそうだ。この3連戦は、2勝1敗。
六百二十七日目-葡萄-
夕食後にピオーネとマスカットを食べた。
張りのある皮を噛み、裂け目けら爽やかな甘味がでてきて美味しいけれども、やっぱり皮をむいて柔らかい果肉を味わったほうが美味しいと思った。
今夜は涼しい。
六百二十六日目-眠い-
湯船につかってるときに、すごく眠たくなった。
目をつぶってたら、舟をこいでるのが感じられるほどの眠りに入ってしまった。
下唇裏にできた口内炎。気になる。
夕食に、久しぶりにピザを食べた。アンチョビのピザが美味しかった。ちょっと、しょっぱかったけれど。
六百二十五日目-らーめん 惣次郎-
富士見台にある「らーめん 惣次郎」へ行った。
ネットで見て行って来たんだけど、そーんなに美味しくなかった。
ネットではらーめんで、自分が食べたのがつけ麺だったからかもしれないけど。
つけ麺は、とにかくお酢の味が強い。醤油と鰹だしを混ぜた濃い色をしているけど、どちらの味よりも、お酢が強い。こんなにお酢が強いつけ汁は初めて。具は、刻んだチャーシューが汁の底に沈んでいて、生っぽいネギが入ってる。なんだか味気ない感じ。

今日は、秋らしい涼しさ。昨日まで夏っぽさはどこかへいった。
自民党総裁選挙は、福田さん勝利。
自民党青年部を前にしての記者会見で「少子高齢化社会は、これからみさなんの世代が考えてください。私の将来じゃないんですから。」って答えた議員だ。どーなんだろ。
六百二十四日目-夏だ-
夏のように強い日差しの今日。
TUTAYAへ行ったけど、借りたい作品は貸し出し中。
明日は、前に録画しといた「7人の侍」でも観ようかなと思うけど、観ないかもしれないし。
六百二十三日目-今日も日差しが強い-
今日も日差しは強かったけど、夜になったら涼しい。
今夜はランニングもないので、発泡酒を飲んだ。
「北海道生搾り」ひと口目は飲みやすさがあったけど、発泡酒っぽい軽さが、それ以降はなくなりビールっぽくなる。ビール類だから当然だろうけど、最後まで飲みやすい軽さってのがあるほうが、お酒が強くない自分は好きだ。
六百二十二日目-暑い-
暑さ寒さも彼岸までとはいったけど、今日も天気がよくって暑さが残る。そんな今日は、腰痛がする。
ブックオフで小説「ダイスをころがせ・下」を買う。
105円コーナーにあったんだけど、財布に小銭がなくて、1000円札も5000円札もなく、105円の商品を10000円札で支払う。
ブックオフのTポイントは、10月1日からスタート。10月と11月はポイントが2倍つくとポスターが貼ってあった。
六百二十一日目-特になんもないな-
ランニング中に、少雨にあう。
急いでペースアップをしたけど、対応できる軽さだった。でも、実際に体重は71.8で、昨日より400グラム増加してた。
そんな今日も涼しい1日。

しばらく映画を観ていないな。
なんか観たい。
六百二十日目-涼しい-
今日は、一昨日、昨日とうって変わって涼しい。
特にニュースはない。
六百十九日目-夏日-
今日も夏のような日差しの1日。ランニングも蒸暑くって大変。世界柔道で谷良子が金メダル獲得。男子無差別の棟田、女子無差別?塚田も金メダルを獲得。
井上、鈴木が負けた時は、誤審だ!これは柔道じゃない!なんて伝えられていたけど、それでも金メダルを獲る選手がいる。男子無差別の棟田なんて、無差別級の中では、体は大きくないのにだ。って事は、井上、鈴木の力が及ばなかっただけなんじゃないかな。
そんな世界柔道は、ブラジルで開催だから地球の裏側だから、時差も大きいため生中継がない。
テレビ放映権はフジテレビ。昨日までは21時から、今日は19時からだったけど、フジテレビの夕方のニュースで結果を伝えてた。
他の局でも伝えていたし夕刊にも書かれていた。
今日は金メダル獲得の試合を見たい人は居ると思うけど、昨日までのメダルはよくて銅メダルという試合を見たい人っているのかな。
よほど柔道好きじゃないといないだろうな。
六百十八日目-暑い-
今日の暑さは夏だ。
日差しも強くて蒸暑さが残る夜。冷房活躍中。
そんな日中を過ごしたためか、特になんもしてないんだけど、体脂肪率が14.8%とという自分にとっては驚異的な数字。ちなみに体重は71.6だから普通。

六百十七日目-体スキャン-
母が買ってきた体重計。オムロンの体スキャン。
早速、試してみる前に、体データの入力のための身長測定から。
前の体重のときは186センチに設定していた。身長なんて、学校いかなくなると測らなくなるからだいたいで入力設定していたのだけど、計測結果は「187cm」だった。自分の想像より大きかった。

そして体スキャン。
体重は71.6キログラム
体脂肪率16.1パーセント
基礎代謝1710キロカロリー
BMI値20.3


今日は、日差しも強めで暑い。
第2土曜日だと思っていたら、今月は土曜日からスタートだったので第3だった・・・。第2と第4土曜日は、TUTAYA Wカードでレンタル料金半額なのに、間違えた。
六百十六日目-いったいいつまで??-
いったいいつになったら終わるのだろうか。
マカフィーのウイルススキャン。開始してから12時間が経過した。
こんなにも時間が掛かるのに、マカフィーのスケジュールでは週一くらいでウイルススキャンを実行する設定になってる。設定解除すればいいんだろうけど。
もっと効率的にスキャンする方法を考え出して欲しいよ。
デフラグを効率的に行なうフリーソフトがあるんだから。有料サービスなんだから、カスタマーサービスが糞みたいに悪いんだから、せめてしっかりしたソフト開発しろよ。

-追記始-
約13時間でスキャン終了。
-追記終-


今日は、女子サッカーW杯「日本-アルゼンチン」があった。
結果は「1-0」で日本辛勝。ロスタイムでのゴールだった。
前の試合もロスタイムのフリーキックで追いつくという劇的な展開だった。男子と同じで決定力がないんだな。


自民党総裁選挙に麻生太郎氏が出馬。
個人的には、麻生太郎のほうが福田より良い。なんかどっしりと構えて、活動的、行動力、決断力がありそう。
福田氏は、自分ひとりで決めないで、まわりと相談に相談を重ねてから、物事を決定してく気配りの人って感じ。
麻生、福田のどちらの要素も大事だけど、福田さんはNo2が似合う感じ。
六百十五日目-総裁選挙-
テレビは、次の総理大臣となる自民党総裁選挙の話題が中心。
福田氏が多くの支持を集めているそうだ。
そんな中、安倍総理は全身衰弱と診断されて入院。

今朝は、寒かった。窓を開けて寝るのが、厳しい気温になってきた。でも、眠りに入るときは窓開けてないと熱いんだよな。

そんな今夜も、涼しくランニングも快調に石神井公園コース。
六百十四日目-安倍総理辞任-
安倍総理が辞任した。
10日の所信表明は、なんだったの??
辞任理由は、テロとの戦いは重要で、そのためのテロ特措法を継続する事ができなさそうだから。自分が辞めて、なにか変化があればいい。って感じだそうだ。
馬鹿じゃないの。まだ始まってもいないのに。これから国会がはじまるのに。民主党の小沢代表に党首会談を持ちかけたけど、拒否されて、「もぉーやーめた」ってお坊ちゃま性格が表面化して、敵前逃亡。
自衛隊の給油活動もテレビ局の電話調査で反対が過半数越えていたし、法案継続でも不継続でも、よい影響がないわけで。このままでは、自民党が壊れてしまう。衆議院の過半数も危うい。って事で追い詰められてしまったんだろう。どん詰まり状態だったんだろうけど、そんな事は参議院議員選挙で与野党逆転になった時点でわからなかったのかな。政治家としての資質がないんじゃないかな。二世議員ってこんなもんなんだろうな。

局面を大きく変えたいならば、総理を辞任だけではなく、政治家を引退しちゃえばよかったのに。
すくなくとも、安倍総理で衆議院議員選挙を戦うより、直前まで安倍総理でいくよりも、よい結果がでるんだろうけど。

なんにしても、梅宮辰男が羽賀研二に向けて言った「稀代の悪党」にちなんで、安倍総理は「稀代の無責任男」だな。


今日は涼しい。だいぶ涼しい。
筋トレのため脇の付け根がはって、軽い筋肉痛だ。
七百十三日目-雨-
今日も時々雨。昨日と違うのは、激しい雨だって事。
スポーツニュースで楽天の田中投手が、仙台育英の投手で甲子園最速の157キロを投げた投手が地元楽天を希望していることに対しての発言。「すごい自分の刺激になる。」
田中投手は、自分の事を「すごい」と発言。自信は大事だけど、「自分はすごい」ってどーなのかな。と思うけど、単純に「すごい」と「すごく」の使い方が間違ってるだけなんだろうな。
形容詞の使い方を間違える。これが、ゆとり教育なのか。

七百十二日目-ときどき雨-
時々、雨が降った今日。傘が必要ない程度のパラパラ雨だった。ランニング中も極小雨粒が降っていた。

参議院での与野党逆転のねじれ国会がスタート。APECの帰国前の発言で、「職を賭す。」と発言。テロ特措法が通らなかったから、辞めるそうだ。

今夜は、体が重たい。
体脂肪率が19%だった。体重増加よりも体脂肪率増加のほうが、体が重たく、だるくなる感じがする。

それから、なぜか左側だけ鼻が詰まる。
七百十一日目-夏の暑さ-
夏のように日差しが強い天気の今日。
蒸暑く、今夜も冷房のお世話になっている。

七百十日目-小説「映画篇」-
20070908222833.jpg

良い話が詰まってる短編小説。
全部の話に共通している区民会館で開催される映画「ローマの休日」
映画篇だから、ひとつの映画をだしてくくってるのかなと思って読んでたら、最後の話がまさに、そのローマの休日を上映するにいたる話だった。初めの1つは、あんまり関係ないし、時間軸はローマの休日から2年後辺りで、過去を振り返るって話だ。

その最後の話がよかった。亡くなった祖父。元気がなくなった祖母に元気になって欲しいと願い孫達が上映会を開催するという話。
優しく温かい話が多い。暑い時に読むよりも寒い季節に読んだほうがいいかもしれない。

それから、もうひとつ「高い評価を得て、国際的な映画祭の受賞作品。内容は、富豪の夫人とアラブ人労働者が不倫し、SEXする映画」が共通しているけど、この映画はタイトルがでてこない。なぜなら、糞みたいにつまらない退屈な映画としてでてくるからだ。
軽くネットで調べたけど、でてこなかった。

「easy come,easy go」だし、ネット情報を得るのもいいけど、人に触れて得る同じ情報はそれ以上の情報。って事だから図書館で探すのがいいだろう。

区民館を中心に隣り合う街の中で起こるできごと。少しずつ個々の話の登場人物が絡んでくる。気になるのは、「ドラゴン怒りの鉄拳」にでてくるヒロインの自殺した旦那が絡んだ薬害事件はどーなったのかってところ。その次の「恋のためらい」でもこの薬害事件はでてくる。ヒロインのお父さんが製薬会社の弁護士ってかかわりで。そこでもはっきりしなかった。時間が足りないんだろうけど、ドラゴンの女性が立ち上がり奮闘しているシーンが描かれてもよかったんじゃないかな。

ラストの愛の泉では、「SPEED」の舞台になった大学がでてきていた。
ローマの休日を観た事ないから、観たくなった。

今日は、暑い。夏が戻ってきた。蒸暑さで冷房使用。
七百九日目-味覚-
お昼にラーメン屋「やすべぇ」へいった。
隣に座っている30代後半とおぼしき会社員。美味しいつけ麺屋って事で、関西弁を話している会社員を連れてやって来た感じ。
会話を盗み聞きするなんて趣味が悪いけど、聞こえてきた会話に「えぇー」と思ったから気になってしまったんだ。
それは、つけ麺がでてきて、食べ方を関西弁の会社員に説明を開始した時。備え付けてある「玉葱のみじん切り」と「粉鰹節」なのに、「玉葱のみじん切り」と「すりゴマ」と言っていたからだ。
「粉鰹節」と「すりゴマ」は、香りも味も全然違う。そんな間違いをした人が「こないだ、○○さん(聞き取れなかった)に美味しいつけ麺屋があるからって連れてってもらったら、全然美味しくなかったけど「まぁまぁ美味しいですねって言いましたよ(笑)」」
確かに、不味いっていったらいけない関係の人ってのはいる。でも、「粉鰹節」と「すりゴマ」の違いがわかんないあんたが言うなよ!って思った。
そんな人が、美味しいと思っている「やすべぇ」を自分も好きなんだけど・・・。

台風一過で、午後は晴れ。
時折強い風がやってきて、ランニングは厳しいときがあった。
七百八日目-台風9号-
台風9号接近。今夜、東京上陸。
外は、激しい雨と強い風。念のために雨戸を閉める。
七百七日目-時々豪雨-
台風接近で、時々激しい雨が降った。
少し時間がたつと晴れ空になったり、どんよりとした雲に覆われたりといった天気。
ランニング中は雨はなく、無事に終了。それにしても、蒸暑い。クーラーについてる「おしえて」ボタンを押したら湿度60%だ。

環境大臣が、借入金1000万円と報告したものが、200万円になってたという消えた800万円問題で疑われている。
でも、ブーメランのように、追求していた問題が、はねかえってくる政党の民主党からはでてこないんだろうか?やってない?そんな事はないだろう。
野党だから、追求手が伸びていないだけだろうな。民主党が与党になったら、次々とでてくるんだろうな。なれたらの話だけど。


七百六日目-ランニング中止-
今夜は、ランニング日だったんだけど中止。
理由は、兄と彼女が私の部屋で、パソコンいじっていて出てこなかったから。結局、11時頃まで部屋を占拠されていた。
まぁ仕方ないけど、プリンター使ったら元に戻しといて欲しい。
ぐちゃぐちゃ。プリントも中途半端に止めて、電源も切らずにってか、データが残ってるから電源落とせなかったんだろうけど。
そんな訳で中止したランニング。
夜中に突然の雨。夕方にも激しい夕立があった。
七百五日目-映画「オクトパス」-
20070903220319.jpg

キューバ危機の時代、ソ連の潜水艦が沈没した。
その海域を航行中のアメリカの潜水艦が、巨大な生物に襲われる。
それが巨大タコって話。そこに、テロリストが関わってくる。
潜水艦で、大物テロリストをブルガリアからアメリカへ護送中。大物テロリストを救出しようと、テロ集団が豪華客船の船長の家族を人質に取り、船長を操る。潜水艦内のテロリストがタコ襲撃の合間に逃げ出し救難信号ブイを発射。
襲ってくるタコから逃げ出す方法は、栄養剤みたいなものを撒く。それに引き寄せられたタコを尻目に、深海調査艇に乗って逃げる。
浮上先には、テロ集団の豪華客船。
そこへ浮上してくる巨大タコ。
最後は、テロ集団の持ち込んだ爆弾を、深海調査艇に積んでタコめがけて一直線。運転手は、ギリギリの艇から降りる。って無茶な作戦。


主人公のCIAエージェント。彼は分析官だから護送、戦闘は苦手。テロリストに向かって発砲できない。
そんな気弱は、性格は、映画「ロック」のニコラス・ケイジっぽい。
潜水艦の艦長は、強気な性格。そして、深海調査のために潜水艦に乗ってた女性。この三角関係っぽいのがラストにあるけど、中途半端。
なにかしながら観るにはいいかも。


潜水艦って設定は、閉鎖空間だから襲ってくるものが、内部まで入ってこれない。入るには水と一緒に入るから、水で人がやばいことになるから。って事で、モンスターパニック映画の設定で潜水艦、水中ってのは、暗闇のなかから襲ってくる不気味さはあるけど、その次の襲撃の段階で行き詰ると思う。



昨晩は、変な感覚だった。
下半身が、脚が熱くてだるい感じで目が覚めた。
ベットから出て、フローリングに寝て、ベットに足を上げていたけど、違和感が残ったまま、気がついたら寝てた。

今日、農水大臣が辞任。安倍総理になってから3人目の農水大臣の辞任。前2人は、事務所費問題。今回は、自らが組合長を務めていた農業共済組合が国から補助金を不正受給していた事が原因。

なんで農水大臣ばかり??マスコミが意図的に農水大臣を洗ってるんだろうけど、安倍総理の大臣選定時の身辺調査って、こんなもんなの?
身内の調査もできないのに内閣に、国を任せて平気なのかな。

そんな今日は、昼間は少し日差しが出た。夜は涼しい。
七百四日目-世界陸上-
先週の土曜日から始まった世界陸上が閉幕。
日本は、最終日の女子マラソンの土佐の銅メダルのみ。
開幕前は、ハンマー投げの室伏と女子走り幅跳びの池田と女子マラソンの誰かがメダル獲得可能性があるなと思っていたけど、室伏は6位だったかな。池田は予選落ちだった。
そのほかにも、末次、為末は決勝進出できずという厳しい戦いだった。
男子4×100リレーが予選で日本新記録更新、さらに決勝でも日本新記録更新と頑張っていた。

アメリカの女子選手アリソン・フェリックスの細さが気になった。
細いのに速い。実況アナが「カモシカのよう」と例えてた。
200メートル、4×100、4×400で金メダル獲得。リレーは予選でないで決勝出場でメダル獲得。予選で決勝へ導いた選手で、決勝出場できなかった選手はメダル貰えるのかな??

20070902225445.jpg

七百三日目-肌寒い-
自転車漕いで西友へ行く時にうけた空気が冷たく肌寒さを感じた。
扇風機も必要ない夜を迎える。
そんな西友で購入したお昼は、焼きそば・鶏ササミのチーズ挟み揚げ・アメリカンドック。
アメリカンドックは、久しぶりに食べたけど美味しかった。これをファーストフード店のメニューにしたらいいのに。