今日の出来事
六百九十四日目-映画「セブンソード」-
20060531223546.jpg

武侠映画。ワイヤーアクションで、人間ではありえない動きをしていた「グリーンデスティニー」「HERO」「LOVERS」ほど、ワイヤーアクション使いまくりって感じではなく、剣術アクション中心だった。
ストーリーは、七人の侍を基にしているっぽい。武芸撤廃命令で、武術家が襲われると同時に、それらが住む村の住人、女も子供の老人も虐殺されている。村人は助けた元役人への恨みを晴らそうと処刑しようとするのだけど、彼に助けられた女は、一緒に逃げる。元役人は天山へ行け!と言い、天山に向かうと仙人みたいのがいて、それに使える剣士5人が山を降りて、村を、国を救うために立ち上がる。なぜだか、元役人を助け逃がした村人二人が、五人の剣士の師匠に認められ、剣士になってしまう展開には驚き。村人二人が加わって「7剣士」となって、皇帝の軍隊と戦う物語。
この七人が圧倒的に強く、敵の中ボスキャラを簡単に倒す。数で襲っても臆することなく戦える。敵陣に乗り込んで、とらわれてる奴隷を助けてきたり。この奴隷女が、内通者であり、村の副頭領も裏切り者だったというラスト。敵の将軍は、強い。というより剣が強い。7剣士の剣を持つと強くなるのだろうな。
映画の時間が2時間半。長い。もっとコンパクトに濃縮した方がいいと思った。
ブログを書いていても、ストーリーを思い出すくらいで、特にストーリーに関することが出てこない。

今朝、四時半から放送されていたサッカー「ドイツvs日本」後半の後半で2点のリード。観なかったのだけど、観てたら楽しかっただろうな。日本がペースを握って優位な展開だったみたいだから。
スポンサーサイト
六百九十三日目-紅茶-
父の会社の人の旅行土産のインドの紅茶を飲んだけど、あんまり美味しくなかった。本場の紅茶は、こーゆうもんなのか!?茶葉が大きい。香りは、強くなく、色も薄め。だけど、味がないって事はない。回転すしにおいてあるお茶みたいな雰囲気の紅茶。あんまり高級品ではないのだろうけど、缶が分厚く素敵。
テレビで、ワンポイント英会話に出演してたウィッキーさんが、スリランカではレモンティーは、お腹を壊してる人、下痢の人が飲むものとの事。
press@blog-joga.com-
20060530221530.jpg

サッカー専門SNS「Joga.com」(www.joga.com
JOGA NAVI JAPAN(http://joga.nike.jp/
ワールドカップ開幕が迫ってきましたね。
日本人だから、やっぱり日本の活躍を期待しているけど、各国リーグで、別々のチームで活躍している一流選手が、一同に集まったブラジルの試合は、勝敗関係なく楽しめそう。グループリーグでは日本と対戦sるのが、楽しみ。三戦目ってのも良かった。オーストラリアとクロアチアに勝利で、ブラジルとの一騎打ちという展開になれば、なお最高だな。明日の朝に、行なわれる国際親善試合「ドイツ-日本」も気になるところ。今日は早めに寝ましょう。
六百九十二日目-YOUTY-
予想ネットでポイント貰うために加入したサイト。
ブログなどの足あとでポイントが貯まり、換金できるということで登録した。ただ、どのくらいの足あとで1ポイントになるのか、はっきりかかれていないから、使えるかわかんんないけど、コミュニティーを作って、そのにアクセスした分も加算されるようなので、作った。
三日前くらいに作ったのだけど、結構人が集まり、参加者は20名になった。アクセスランキングもTOP10に入った。自分の作ったものに、人が集まってくるって嬉しい。
六百九十一日目-映画「プライマー」-
20060528232110.jpg

難しい・・・重力軽減装置を開発中に、(重力と質量の関係でブラックホールみたいな感じの装置ができてしまった??)タイムトラベルできる装置を作ってしまった男二人の話。
A→Bへ進む時空が、一般的な時空。だけど、AからBまで進む途中にAに戻ろうとするけど戻らないで、それを繰り返してBへ出る時空。Bから入ってBへ出る時空。Aから入ってAへ出る時空。そんな不安定な装置を安定させた。
朝、ホテルに篭る二人。誰とも連絡を取らない。その日の株価の値上がりをチェックして、夜まで過ごして、タイムマシンに乗ってその日の朝に戻る。値上がりする株を購入して大金を得る。ホテルに篭って誰とも連絡を遮断するのは、タイム旅行している自分に会わないため。また、人にあう事で、生じる問題。そこから波及する予想できない出来事を避けるため。タイムパラドクス、波及効果、可能世界論、そんな薄っぺらい僕の知識を総動員して、なんとなくだけどそこまでは、わかったとしても、その先が、わからない。
二人が、それぞれ単独でタイムトラベルをしている。それぞれが、それぞれにっとてよく進むように、過去を知り現在をいじってるから。二度、三度と。そんな関係が、二人の関係を悪化させて、二人は決別。1人は、タイムマシンを捨てたいと考え、もう1人は、大掛かりなタイムマシンを作ろうとして映画は終わる。
中盤から、ラストまでに起こるすれ違いの過程が、よく理解できなかった。結末は、わかるのだけど。だから、なんかスッキリしない。
五回観なければ理解できない。と書かれていたけど、難解な映画を五回観て理解してやるぞ!と意気込むほど、好きではないかな。
DVD特典で、その辺の解説があると嬉しいな。自分で答えを見つけるのが映画の楽しみ方なのかもしれないけど、ヒントくらいあってもいいじゃんって思う。

TUTAYAへ行く途中、ブックオフにCD・DVD全品250円引きと書かれていたので、TUTAYA帰りに寄った。
birdのCDを二枚買った。一枚250円。250円引きにして105円以下になる商品は105円だったので、210円。
ブックオフって、大量に買取をしてるだろうけど、在庫ってどーしてんの??売れない商品の処分は、どーしてるのかな。
六百九十日目-小説「繋がれた明日」-
20060527233538.jpg

未成年で殺人を犯し、六年の刑期を終えて少年院から出所した男、中道隆太の話。
少年院での描写で、罪を犯したことを悔いるより、バカな事をして捕まってしまった自分の行動に悔いている。というのが、実際どーなのかわからないけど、「万引きしてもいいじゃん。お金あるけど使うのもったいないし。」って感じのニュース報道が事実あるから、ニュース報道を全て鵜呑みにはしていないけど。
被害者は、殺人の罪が六年の刑期で許されるなんて納得できなないだろう。特に、殺人。他人の人格の全てを奪い去る行為は、なにがあってもやってはいけない事だと思う。完全に自由を奪った人間に、再び自由を与え、更正させるなんて事をしていいのか、疑問に思う。
加害者少年は、仮釈放中の住まい、会社、実家周辺に、「こいつは殺人者です」というビラをまかれてしまう。加害者は、一生罪を悔い、背負っていかなければならないのか?という問いかけに、そうだ。背負うべきだ。と思った。だけど、その背負う方法がない。
心の傷は、人には見えないから。被害者への謝罪の気持ちが見えないから。被害者感情をまず第一に考えるべきだとは思うけど、加害者の家族が背負ってる、どこへぶつけていいのかわからない気持ち。…どーしたらいいのか。そーゆう罪について考える作品だった。
ラストで、裁判で事実に反する証言をした証人に会いに行った中道は、その男に刺されてしまう。それは男が、死んだ仲間を守るためについた嘘が、その恋人であり現在の恋人にバレる事が怖かったから。事件の確信に触れる事の怖さが、自分を守るために、不利な状況を脱するために咄嗟にとった行動だった。中道も同じように殺人を起こした。
一命を取りとめて、病院で被害者家族と対面した中道へ、恨んでる。許せない。と感情をぶつける被害者家族。
なにもなくなってしまう殺人という行為。人としてやってはいけない事だと強く思った。中道は、人としてきちんと罪を悔いていると感じたけど、僕は、罪を犯した人間に対して、厳しく罰するべきだと考えを持っている事を確認した。
六百八十九日目-徳島ラーメン-
ひとり暮らしから実家暮らしへ戻る友達と徳島らーめんを食べに行った。引越しも終わり、今日から実家へ帰るとの事。
徳島ラーメンは、昨日読売新聞の集金時に貰う、新聞入れの中に入っている「池袋15」と小冊子のような雑誌のようなものに書かれていた。
開店記念で1杯700円→200円。そんなわけで、ちょい混雑。ただ、混雑の理由はそれだけではなかった。
食券買って、席についてからラーメンがでてくるのが遅い。客の回転が悪い。食券買って席に着く前に、注文確認しておくのラーメン屋は多い。店員は、配膳している人は、パートの主婦って感じの人だったから
、まだ慣れてないのだろうけど。隣の席では「まだですか?」と言う人もいた。味は、好きな味だった。和歌山ラーメンっぽい、とろみあるスープ。丸みがあり、適度な濃さが良い。
具は、豚肉を茹でたものが乗っていた珍しい具材。あとは、もやしにメンマに刻みネギ。
麺がちょっと柔らかめだったのが、残念。
ご飯と一緒に食べるのが徳島ラーメンの特徴で、ご飯も一緒についてくる。ウーロン茶もおいてあるけど、ものすごく熱い。間違えて水が入ってたグラスにいれてしまった。おちょこみたいな器が置いてあったのは、ウーロン茶を飲むためだったとは・・・。
その後、お決まりのようにギーゴ。最後なので400枚をプレゼントした。僕は、パチスロウルトラマン倶楽部でレギュラー3連→ビッグ2連→レギュラー1連で271枚獲得。その後のパチンコ鬼太郎で8連。だけど、出てくるメダルを使って、友達が隣でエヴァ2を打ってしまって収穫は99枚のみ。やめて!泥棒!というほど、1人で楽しむほど、心もメダルも貧相ではないので、いいのだけど。
実家帰っても頑張って!
press@blog-ウェブコント「エコタンク」-
20060526193600.jpg

第1話ブルーの場合。これが一番。地球の平和を守るヒーローのブルー。その名の通り、ブルーな気分になってしまっているところへ、お母さんがピンクから電話!とやってきて、やり取りがはじまる。
ダウンタウンの松本がやってた「ゴレンジャイ」に似ている設定だけど、動きの少ないアニメーションなのに、笑える。動きではなく言葉のやりとりで笑わせるので、笑いの質は高いと思う。
第1話はこちらからhttp://www.cmsite.co.jp/?anime/webcont/1/
六百八十八日目-ランニング-
雨で二日間休んだランニング。このところ、夕方から雨が降り出し中止になることが多く、今週は2回だけ。
今日は天気が良かったのでランニング。体は軽くも重くもない感じ。先週末からはじめたスレンダーストーン。食後のお腹のでっぱりが、ちょっと減った感じがする。今年中に割れた腹筋をみられるだろうか。
press@blog-からだ巡茶-
20060525093608.jpg

最近、デトックスという体内の毒素を排出するものが流行っている。岩盤浴とかあるけど、わざわざ足を運ばなくても、日常生活の中で摂取する水分を「からだ巡茶」に変えればいい。また、毒素を排出するだけではなく、毒素が溜りにくい体質にすることができます。一石二鳥でしょ。「からだ巡茶」のサイトhttp://www.cocacola.co.jp/products/lineup/karadameguricha/index.html
六百八十七日目-停電-
夕方過ぎから、激しい風雨雷。
練馬駅で、各駅停車に乗り換えるとき、風で雨がホームを襲う。乗客はホームの真ん中に集まっていた。各駅に乗り換えると、ドア付近が濡れていた。きっと江古田で通過待ちをしているときに、雨が吹き込んできたのだろう。鞄の中の小説が、雨で濡れてた。濡れた紙は、乾くと硬く、よれるのは、なぜだろう。形状記憶紙ってないのか??
帰宅して、部屋にいるとブツンとテレビが消え、電気も消えて真っ暗闇。停電だ。子供の頃は、停電して10分くらいは電力回復せずに、近所の人が停電だよね??なんて確認にきたりしてた事もあったけど、今日はすぐに回復。長くても1分くらいだろう。友達が乗っていた電車は、落雷で停車したとの事。すぐに動き出したからよかったけど、窓も開けられない状況で、電車の中に閉じ込められたら、蒸し熱くて大変だろうな。停車と電力停止は違うのだろうけど。
六百八十六日目-世界仰天ニュース-
二週連続でやった。ラオウ昇天。
今回は、パチンコで。この昇天のはじまりは、映画上映時間が迫ってるのに大当たりした少年達。バトルボーナス中なのに席を立ったので、着席。バトル6からスタート。そしたら、するする20連続で昇天。ぴったりボーナス20で、昇天演出がはじまった。
P1000020.jpg

P1000021.jpg

P1000022.jpg

P1000023.jpg

P1000024.jpg

P1000025.jpg

P1000026.jpg


その後も、台は絶好調で、20連昇天→引き戻しなし持ち球消費中の大当たり2連→引き戻し16連→引き戻し8連→引き戻し6連→引き戻し2連。合計48回大当たり。メダル増加は、1680枚。
なんだか疲れたので、引き戻しで赤雑魚敵が出てきてラオウ馬が踏みつける演出もあり、ものすごい熱い台だったのだけど、隣であずみを打ってた人に譲った。その人は、あずみ通常大当たりで時短中だったけど、ほったらかしにしてた。
映画が終わって戻ってきた少年達に、まわりをウロウロされた。まぁもったいない、後悔の気持ちは強いだろうけど、だったら映画キャンセルすればいいじゃん。

一昨日か昨日、母が作った苺ジャムを「ものすごい美味い」と言ったからなのか、母が苺が安かったから買ってきたと言い、ジャムを作ってた。苺のシーズンは終わり、酸味が強めの苺だから、瓶詰め市販の甘ったるいジャムと違って美味しいのだけど、そんなに沢山つくらなくったって…。ジャム作り中にでてきた苺汁をすくって、氷をいれて飲むと美味しい。レモン汁が入っているからすっきりとした酸味が加わり良い味だ。
六百八十五日目-ドア-
部屋のドアが、閉まっていた。
出窓を、一段階あけたままで、今日は風が強かったから、勢いよく閉まった弾みで鍵が下りてしまったのだろうか。
ドアは、外からマイナス頭のねじみたいな感じになっているので、10円玉をつかってひねって開いた。

20060522232844.jpg

パチンコ鬼太郎。初の大当たり。大当たりすれば、なんでも楽しい。妖怪列車ボーナスで魂10個集められなくて、妖怪列車モードへ。そこで大当たりを引いて、再度溶解列車ボーナス。この時は、魂10個で決戦ボーナスへ。ぬらりひょんを倒して、決戦ボーナス継続。二回戦は、巨大な黒い目玉。子供の頃に持ってたファミコンの鬼太郎にも出てきた妖怪だ。名前は「バックヤード」というみたいだ。負けてしまって、時短引き戻しなく終わり。
ボーナスとモードについては、やってる時はわかんなかった。ブログ書くのに調べたら、ちょっと複雑なんだな。
全部で4回の大当たり。一回の大当たりに出てくる枚数が少ない。パチンコのスピード感は、他のどの台にもないくらい速い。楽しいけど大当たりしないとガッカリが大きい。今回はメダル50枚くらいで当ったから良かった。映像が綺麗だし、楽しい。
六百八十四日目-牛角-
最近、カルビ35%増量中のCM放送中の牛角へ行った。
内田君は、今週末には実家へ戻るとの事で、最後の晩餐だ。
35%増量とメニューにも書かれていたけど、増量してる感じがしない。35%ってどの程度??肉一枚か二枚くらい??だけど、肉料理は焼くってのが一番だな。塩味より、タレで食べるほうが肉を喰ってる!!感じもする。
南口の明治通り沿いの牛角は、待ち客5組だったので、西口立教通りの店舗へ移動すると、待ち無しで入れた。西口のほうは、飲み屋は多いけど、食べる店は空いてるのかもしれないな。
そんな牛角へ行く前に、友達待ってる間に行ったギーゴで「あずみ」が20回転くらいで大当たりして5回連続。375枚。
六百八十三日目-映画「ミーン・マシーン」-
20060520222746.jpg

八百長で、イングランドサッカー界を永久追放された男が、飲酒と警官への暴行で逮捕。刑務所へ収監された。その名は、ダニー・ミーン・マシーン。
そこで、看守チームと対決をする事になる。収監者のボスとの対立を乗り越え、チームを結成。
刑務所を我が物とし、収監者に賭博の予想をさせたり、裏社会の賭博を紹介させたりする、賭博にはまってる所長に収監者ボスが、看守チームが勝つから賭けるように進言。この嫌われ者を排除するための騙し。
騙しとは、いっても試合は真剣勝負。前半終わってリードしているミーン・マシーンへ「仮釈放が欲しければ負けろ」と脅す。過去に借金をせおい脅かされ、国際試合で相手にPKを与えたミーン・マシーン。「みんなの夢を、あっさりと売った」そんな過去を振り払うため、自らの勝利へ進み、頑張るチームのために、懸命のプレー。看守チームをふりきり3-2で勝利。
破産する所長。車は爆発。独居房へ入れろ!とキレる所長に「うるさい」と言い返す看守。スポーツマンシップに忠実な爽やかな幕切れ。
試合は、審判の見えないところでラフプレーしまくり。FKでわざと相手の股間めがけて蹴りこんだり、繰り返すジョークはよかった。
ガイ・リッチー制作だけど、入り組んだ物語ではなくわかりやすい映画だった。

フジテレビで、レオナルド・ダ・ヴィンチについて放送してる。映画「ダ・ヴィンチ。コード」が今日から公開って事もあるのだろうけど、その映画の暗号の答えである「キリストには子供がいた。子孫、血脈が現在にも続いている。」という事を放送してる。映画とは関係ないからいいのだろうけど、これを観てしまったら映画の楽しみ半減じゃない?小説を読んだ者には、小説に登場した絵画、建築物がでてくるので、思い出しながら楽しめるけれど。

20060523224046.jpg

今日の読売新聞朝刊の天気予報画像。東京は雨印が、ひとつだけある。
この時間に、本当に雨が降ってきた。かなり激しい豪雨だった。
DVDを返却しに家を出ると、湿った空気に鈍よりした空模様。雨が降り出しそうだなぁと思ったけど、ちょっと行って帰ってくるだけなら間に合うかなぁと思いつつ、一応傘を持ってTUTAYAへ。ヤマダ電機の前でポツリと降りだした雨は、一気に強くなり。TUTAYAで雨宿り。一時の勢いが減ったけど、一向に止みそうにないので、覚悟を決めて家路へ。駅下では傘がなく立ち往生する人がたくさんいた。
ぴったり予想的中させて天気予報すごい。
六百八十二日目-アイスコーヒー-
昨晩に続き、今夜もアイスコーヒーが飲みたくなった。
雨降る今夜は涼しく快適。母が買ったスレンダーストーンを昨日からはじめた。あとは・・・先月半ば辺りに、出窓から南向きの窓辺へ移動させたサボテンが急成長。鉢植えに植わってる本数が多いから、出窓からの日差しでは足りなかったのか??今年は、一昨年は出来たけど、昨年は出来なかった株分けが出来るかもしれない。
六百八十一日目-映画「華氏911」-
20060518223643.jpg

アメリカは、特にブッシュ政権の中枢の人間達は、自己の利益のために、911テロ後のアメリカから、全米の飛行場で発着陸が禁止されているのに、ビンラーディン一族を出国させた。サウジアラビアとの資本関係が、みえてきてひどい大統領だと率直に感じた。
ブッシュ政権は、アフガニスタンへ報復攻撃。そのアフガンの大統領に、アメリカ企業の役員だったカルザイを選ぶ。
さらに、テロの脅威がると国民に恐怖を植え付け、その脅威を取り除くためにイラクへ侵攻。アメリカを攻撃していないのに、攻撃するぞと脅かしたりしていないのに、主権国家へ攻撃。
最低のわがまま国家だ。なんの罪のないイラク国民を殺す。それによりアメリカ兵が報復をうける泥沼へ。アメリカ兵は、それに困惑。なぜなら、兵士になった時、テロの恐怖を世界中から取り除くためにイラクヘ行くのだと教えられていたから。
こんな国から、牛肉輸入しないで!!強欲なお金大好き政権のやることだから適当に決まってる!!
だけど、冷静に映画を観ると。アメリカはテロを利用して民意を動かした。一時、成功していたけど冷静になってみると、そらが間違いだと気づき大統領の支持率にあらわれてる。この映画も、ブッシュ政権はひどい。と描いているけど、ひどいという植え付けをしてるばっかり。その後の事は、アメリカ国民がなんとかするもので、映画は問題提起だけするのは、間違いではないのだろうけど、前作の「ボーリング・フォー・コロンバイン」では、銃被害者と一緒にチェーンスーパーの銃販売店へ行って、銃による被害を訴え、販売をやめさせる。という行動が描かれていた。今回は、アイスクリームの販売者に乗って、法律読み上げる。議員に息子をイラクへ派兵しませんか?の二つしかなかった。
ドキュメンタリー映画だから、客観性が重要で、監督の主観は抜いたのだとしたら、ブッシュ批判に偏りすぎ。
なんで、パルムドールを受賞したのだろうか・・・。
今年の、カンヌ映画祭がはじまった。今年は、どーなる??

火曜日に痛めた、右足ふくらはぎ。何年ぶりか記憶にないくらい、使用していないシップを、昨晩貼った。簡単な足で、すっかり痛みがなくなった。
press@blog-THE GAME-
20060518222832.jpg

もてる、もてないの違いは、自分に自信を持って、相手に臆することなく、接することができるかだと思う。
相手の同意を引き出すために、「はい」になる質問をいくつかする。その後、ちょっと無理なお願いをすると「はい」と答えてしまう心理状態になってるので、ちょっと強引だれど、出会いの始まりを逃したくないので口説き落とす時に使うかな。
本の直販サイトのURL(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862340350
六百八十日目-パチスロ 北斗の拳-
20060517224606.jpg

ギーゴにて、パチンコ北斗の拳の席が埋まっていて、なんとなくパチスロをやってみた。
そしたら、アミバが出てきて、ぶっ倒し!バトルボーナスへ。
しかし、なかなかそろえられない。7の文字が光ってると簡単なんだけど、光ってないから北斗の拳は難しい。苦戦してると、隣のお兄さんが「やりましょうか?」と優しい一声。簡単に7ではなく、北斗の拳という文字のほうをそろえてくれた。どーりで、そろわないわけだ。…そんな事ではなく僕の目押しが弱いだけ??
そんな感じではじまったバトルボーナス。ケンシロウが強い。パンチ、キック、剛掌破をくらっても自力で立ち上がる。リンの「ケーン」、ユリアの「ケン」は、三回くらいしかなかった。
順調に、ボーナスを消化していき10回をすぎて、13回目くらいに「ユア!ショック!!♪愛を取り戻せ」って主題歌がながれはじめて、これはラオウ昇天への前兆か??と思いながら、ケンシロウは立ち上がるし、レイもでてきて攻撃もする。ボーナス続き17回。このあたりから、もしかして20回いくのか??とドキドキしてきた。
19回に突入。ラオウの剛掌破が!!ヤバイ!!と思ったら、トキ登場ですらりと交わす。
20回まで到達。昇天が見れるぞ。と思ってたけど、昇天しない…。なぜ??と思いながらもボーナスは続き25回、30回となっても昇天しない…。どーして!?30からは、ボーナスの時の絵も同じ大爆発ってもの。
35回目。パンチくらって、立ち上がると、これまでと違う映像に。ついにやってきた、昇天!!どでかい気を貯めてのパンチをすらりと二度かわしたケンシロウ。ラオウは自らの命を自ら絶つために、両手を胸にさす。天に伸びる閃光。ラオウ昇天。ケンシロウは、兄であるラオウをユリアとラオウの馬と一緒に胸に刻むのでした。

バトル中は、ラオウの攻撃7割りで、自力立ち。攻撃かわしが2割。攻撃はレイで2回、ケンシロウパンチ2回くらいしかなかった。もっと攻撃が観たかったな。撃たれ強い方が、連荘しやすいのかもしれないけど。昇天は、20回目でラオウ昇天して、ラオウステージ移行するのかと思ってたけど、友達にきくと20回以上でバトルで負けた時に、ケンシロウが倒れるのではなくラオウが倒れるという事みたいだ。悔やまれるのはバトル18回目の映像を取り忘れたことのみだ。
メダルは、1558枚増えた。実際のパチスロだち4676枚だ。

P1000019.jpg

P1000018.jpg

P1000017.jpg

P1000016.jpg

P1000015.jpg

P1000014.jpg

P1000013.jpg

P1000012.jpg

P1000011.jpg

P1000010.jpg

P1000009.jpg

P1000008.jpg

P1000007.jpg

P1000006.jpg

P1000005.jpg

P1000004.jpg

P1000003.jpg

P1000002.jpg

P1000001.jpg

六百七十九日目-くじ引きネット-
パージが表示できなくなった。今は、復旧してるけど、復旧したトップページに接続できない状況に関する事は、なにもかかれていない。
現在クーポンは約38万。サイトが閉鎖されて0にならないうちに換金してしまったほうがいいのかもしれない。

今日は、体が重たい。背筋が厳しい。TUTAYAでは、今回も「フォーガットン」が全部貸し出し中。今週は旧作レンタル半額クーポンがあるから貸し出し中が多い。なんとなくブラブラっとしてると「ミーン・マシーン」があったので借りた。ガイ・リッチー制作の映画。現在来日中のジェイソン・ステイサムも出演してる。
press@blog-FX-
広告を見たときは、なんの広告なのかよくわからないけれど、文章読んで、へぇーという感じ。「FX」そんな言葉聞いた事なかったし、広告だけで理解しきれない。だけど、興味を持たせるのが、広告であり、科学実験で皆を驚かせるでんじろう先生の広告登場は、良いと思った。「マネーパートナーズ」は、新しいものを提供しているという印象を受けた。
マネーパートナーズのホームページは、http://www.moneypartners.co.jp/beginners/index.html
六百七十八日目-ワールドカップ選手選出-
ドイツワールドカップの日本代表選手23人が選出された。
ジーコの、ポルトガル語発音で、選手の名が読み上げられた。どんな選手が選出されようと、本番で勝つことのほうが重要。頑張って欲しい。
だけど、稲本が選ばれたのは驚き。このところ、活躍が伝えられることもなかったし、代表での活躍もそんなになかったから。久保の落選は仕方ない。大舞台に一か八かの賭けをできるほど、余裕もって挑める大会じゃないし。ワールドカップの正式名称「2006FIFAワールドカップTM ドイツ大会」のTMってなんだ??
報道ステーションに、中田英が出演していた。WBCのイチローみたいに、ちょっと明るく、饒舌になった印象を受けた。
六百七十七日目-ボンバーマン-
母の日の今日。両親は母の実家へ帰省。内田君からメールが着たので、お昼に誘った。OK返事だったので、池袋へ。
宮本むなしが希望だったので、店前で待ち合わせ。かなり混んでる。席がないっぽいので、めしや丼へ移動。
しかし、店内改装中!!知らなかった・・・無駄足。
内田君は知ってたとの事。もっと早く言えよ!と思ったけど、めしや丼へ行こうと僕が言わなかったから仕方ない。
そこから、とりあえずサンシャイン通りへ戻るとき。めしや丼横のラブホテルから男女が出てきた。横から人の登場に、反射的に見ると、女性(2005/09/29(木)の記事)と目が合う。知ってる。というか、だいぶ前に指名したことがある。
女性も気が付いた素振りで、足を緩め、道路の端へ。やっぱり、気まずいんだろうな。僕は、特になんも思わなかったけど。
食事は、モーパラですき焼き。昼から豪華目。先週、世界の山ちゃんでご馳走になったから、支払いは全額僕が。
その後、ゲーセンのボンバーマンを全面クリアーしよう!ということになって、チャレンジ。6-6をクリアーすると「THE END」の文字。僕は700円。友達は1000円使った。僕が遊びで殺してしまったってのもあるのだけど…。
六百七十六日目-サッカー キリンカップ-
日本はビリだった。
今夜は、スコットランドに0-0で引き分け。
今週火曜日に行なわれたブルガリア戦は1-2で負けだったので、勝ち点はたったの1点。
こんな調子でワールドカップは大丈夫??って思うけど、ベストメンバーじゃないし、前向きに頑張って欲しい。
今日は、朝から雨。結構、気温も低めで寒い。
右目の重みが取れた。なんだったのだろう・・・。まぁ改善されて良かった。
六百七十五日目-三日坊主-
ブログの開設者は、すでにのべ900万人弱。更新が滞ってる人が多いらしい。そんな人も、ブログ人口に数えられているのだろうから、ブログをやってるブロガーって、さほど多くないのかもな。
三日坊主にならないコツは・・・
●生活の中に“ブログを書くこと”を組み込む
●ブログのテーマを“ネタ帳”に書きためる
●身近なことで“しっくり”くるテーマにする
といいみたいだ。
上記があてはまるのは、日記としてのブログには当てはまらないような感じ。適当に思った事を、出来事を書いてみる。スケジュール長の出来事を書いてみる。それで十分続けられると思う。
六百七十四日目-ランニング-
久しぶりのランニング。
右眼球の上が、重たく、凝ってる感じがするけど、ランニングしればすっきりするかなぁと思っていたけど、さほど改善しない。
まぁそのうち治るだろう。視野が狭まってるわけでもないし。振り返ってみれば、大きな病の前兆だった。なんて事になったら怖いけど。
六百七十三日目-梅雨の走り-
九時になりランニング準備を整え、外に出ると雨。
ランニングは中止して、風呂へ。風呂上りに外を見ると、雨は降ってる様子はない。傘をさしてる人もいない。傘は持ってないだけかもしれないけれど。このブログを書いてる時間は、雨が降ってる。まぁ仕方ない。
最近はじめたリードメール「流石めーる」すごい数のメールが送られてくる。ほとんどのメールが25秒観ると0.25ポイント貰える。なかには40秒で0.5ポイントとかもあるけど。先月30日に登録して現在147.75ポイント。1ポイント=1円で300円から換金できる。
電車賃にもならないけど、貯めだすとはまってしまう。コツコツ型の性格なんだなぁと実感。興味ある方はこちらからどーぞ→「流石めーる」ってなんだか怪しいサイト?っぽいけど、こーゆう紹介してるのは、紹介するとポイントがもらえるから。よろしくおねがいします。
press@blog-ニュー・ワールド-
映画「ニュー・ワールド」
こんなに美しい物語ってないんじゃない??それに、こんなに美しい映像ってないんじゃない??って映画。
シンレッドラインをご覧になった方ならば、監督テレンス・マリックの映像の美しさを知っているを思うけど、本当に綺麗な映像を見せてくれます。それだけで価値あります。
公式ホームページhttp://www.thenewworld.jp/
六百七十二日目-雨-
今夜も微妙な小雨。ランニング中止した。やろうと気合をいれればできないことはない雨量だけど、走り終えたときにジャージをおいておくのが嫌だ。洗濯機の上でも、雨に濡れた服は変なにおいがしてくるから。
しかも、汗がまじってるのだから。
三夜連続走っていないから、体重が73.4、体脂肪率22%まで上昇。簡単に上がるもんだな。減るときも簡単な季節になったけど。
サッカーは雨の中、行なわれたキリンカップで、ブルガリアに負けてしまった。前半1分いきなり失点、後半30分にゴール追いついたけど、後半ロスタイムにセットプレーから失点。フランスワールドカップの予アジア予選で、加茂監督指揮の下、ロスタイムに失点をするという試合が続いたよなぁと思い出した。
六百六十九日目-雨-
微妙な雨が降ってる嫌な天気。
昨晩同様、窓を開けると寒いけど、閉切ると暑い。
電車内も、湿度が高くて、不快指数高い場所だった。冷房強めると寒くなってしまうから、弱冷房って事なんだろうけど、窓を開けるにしても、霧雨が入ってきたら座ってる人に迷惑だし、多数の乗客がいると、なんか窓あけにくい。人に迷惑かけてないかなぁと小心者になってしまう。だから、電車に除湿があればいいと思う。