今日の出来事
四十三日目-池袋の専門学校-
今朝は雨だ。昼には上がったけど。梅雨らしいなぁって思った。
資格取得に向けて、池袋にある専門学校へ伺った。
説明会の予約をしていったのに、説明会の参加者は、自分一人だったらしく個人面談のように向き合って説明を受けた。だけど、資格取得までの流れは話してくれたけど、講義の内容については話せないとの事。なんだそれ?って思った。詳しく話してしまうと他の学校に真似されてこまるからか?でも、そんな心配しても実際に入学されてしまったら意味無いのにと思う。とにかく、この学校はダメだな。
スポンサーサイト
四十一日目-月曜日-
月曜日の過ごし方で1週間の気分は決まると思う。
月曜日に憂鬱なまま過ごしてしまうとその週は晴れ晴れする事はあまりない。
今日は、憂鬱な日。
なにかを始めるには月曜日という区切りがいいから、はじめるべきなのにボケっーと過ごす。
月末だから、週区切りより区切りのよい月区切りで始めようというご都合主義に走ってしまった。
四十二日目-晴天-
20051015233046.jpg

本日も晴天なり。
かなりの晴れなり。
雲は夏の雲なり。
梅雨はどこへ?
ホントにどこへ?
梅雨はどこへいったのか、書いたのは何度目だろうか。
梅雨が大好きではないけど、季節感がなくなるのは、なんだか淋しい。たとえ、ジメジメした季節だとしても。
今日、ヤフーオークションに出品していた「ファミリーマート限定のフィギアストラップ」が落札された。
アメリカのコミックのケンケンって犬のストラップ。
6種類の全種類セットで210円。
四十日目-映画「レボリューション6」-
20051015233055.jpg

タイトルにあると通りの映画鑑賞。
過激派として政治活動をしていた男女が、過去に仕掛けた爆弾が18年たった時に爆発してしまい再び集まる。
昔から同じ生きて来た男二人と、それぞれ弁護士、主婦、コピーライター、玉の輿?それぞれが、自分の過去と向き合い過去の自分を受け入れなおす良い映画だった。過去に受け入れられなかった世界で暮らしたら、それなりに楽しく愉快に生活できると理解した男達と、その世界に飛び出せない男達の心の通いが戻っていったり、昔の友達に会いたくもなった。
最後の方で、刑事が言った「右と左が闘う時代は終わった。今は勝ち組と、頑固な負け組の時代だ」と言う言葉はスゴク印象に残っていて過去の物が古くダメな存在としてきちんと扱われない現実に、ひと泡ふかせてやる!ってラストもよかった。どんなのであろうと輝いてた時代や人生って大事なんだなって思った。
三十九日目-断髪-
午後から髪を切りに行った。
子供の頃から通ってる床屋。
美容院?美容室?(どっちが正しいのか、またはどちらを使ったら年より扱いされないのかわからないけど)は、歩いて10秒もかからない家の前にあるけど行ったことがない。
髪を切られている時は眠たくなる。
今回も寝そうになったけどギリギリ起きてた。
髪は思ってより短くなってしまった…。
失敗だ…。しかし後戻りは出来ない。切った髪は戻らないのだ。だから、子供の頃から切ってもらってる人に切ってもらう安心感もあり美容院?美容室?(どちらが、よりよい表現かわからない)には、行こうと思わない。
今日は、切られ過ぎて自分の中では失敗で安心感なんて生まれてこなかったけど。
三十八日目-映画「ハリー・ポッター賢者の石」-
20051015233102.jpg

今日は朝から雨が降り出しそうな日。
蒸し暑く気力が湿度で湿って動かない…。
今夜日本テレビで放送の「ハリー・ポッター」鑑賞。
原作を読んでないからなのか、いまひとつ入り込めなかった。児童文学そのままって感じで、子供っぽい映画だなぁって思いながら観た。明日から公開の「アズカバンの囚人」の予告編は結構迫力ある映画って感じがして、そのイメージがあったから余計に子供っぽく観えたのかもしれないな。
今日の画像は、一昨日の夜中にウインブルドンを観て気になったから、英国ヤフーのSportから貰ってきました。外国人は気にならないのか?文化の違いは大きいな。セルビアのダニエラ・ハンチェコワ選手。
テニス選手では、ユーゴスラビアのエレナ・ドキッチ選手が一番好きだ☆
三十七日目-串揚げ-
20051015233116.jpg

友人と串揚げを食べに行った。
テンションの高い店員さんが多い店。
元気なのは良いけど、突然大きな声をだされて後ろを通られるとビックリするから気をつけてほしい。
帰りのホームで人がやたらと多くて、時刻表の掲示を過ぎてたのに電車こないから遅れてるのが原因かぁと知る。水分を取りすぎたからなのか、すごく蒸し暑い駅のホーム。ホームに入りきらない人達が階段に列を作っていたから上から撮影した。
三十六日目-映画「アンダーワールド」-
20051015233130.jpg

今夜は映画「アンダーワールド」を観た。
黒と白で作られてる映像が夜の一族である吸血鬼の雰囲気にぴったりで、とても良かった。
アクションシーンは、あまり良く無くて全体的に静かなアクション。ストーリーも全体のストーリの序章って感じで、ヒットしたら続編つくります!っていうか、続編作りやすい、「ドーン・オブ・ザ・デット」や「バイオハザード」のような終わり方で、ちょっと物足りない。

それにしても、今日も蒸し暑い。
沖縄は梅雨明けしたらしいけど、もう東京もあけてるんじゃないの?来月になって、実は先月の台風6号の後に梅雨は明けてましたって事になってそう。
三十五日目-台風一過-
スゴク天気がいい。
風がちょっぴり強かったけど。
友達とサントロぺで会いゲームをしてマック→銀行へ行く。都内に引っ越してきた友人は、棚が欲しいらしくハンズ、ロフトなどに行ったが値段が高いとの事で購入せず。ホームセンターといわれる店の方が断然安い。
デザインというのはそんなに価値があるのか?
デザインが凝ってると、商品を作る手間がかかるのかもしれないけど、そんなに高くなくてもいいじゃないの?って思う品が多い。
コンビニで「ブルーペプシ」が売っていたから購入。
味は、ペプシにラムネを足したような感じで甘味が強い。もぅ飲む事はないと思う。
三十四日目-台風6号-
朝から蒸し暑い。
雲行きは怪しく風が強い、昼過ぎから雨が降り出す。
だんだんと、強くなっていく雨と風。
窓も開けられないから初冷房。
フィルター掃除してないから、室内は目には見えないホコリでいっぱいだろう。
100円ショップで包装紙を買ってきて、引っ越し祝いに贈るクイックルワイパーをデパート包みで包もうと頑張ったけど上手くできなかった。
結局、キャラメル包みで包む。
今日から新しい本を読みはじめる。
奥田英朗の「最悪」
「イン・ザ・プール」という作品が気になったのだけれど、ハードカバーは重たいし持ち歩きには不向きなので文庫からって事でこの作品になった。
三十三日目-プライド-
今日は、「父の日」
我が父は母の実家へ母と行った。
母の父の日でもあるのだ。
僕は家で留守番。
別に出かけてもいいのだけれど…。
蒸し暑くイライラするから冷房をつけて、家にいる。
二時頃から12チャンネルで放送されてた二時間サスペンスドラマを観た。和田はつ子の小説が原作というのが気になったから。観ててもそんなにおもしろくなくお昼ねしてた。
22時から「PRIDE」を観る。
格闘技を観るたびに筋トレを頑張ろう!って気持ちになるけど、骨格が細いためか太い筋肉がつかないから止めてしまう。根気強く続けたらいいのかもしれないけど。
そんな、一日。
三十二日目-映画「THE CORE」-
20051015233140.jpg

今日は蒸し暑かった。近所は工事してて騒音があるし、イライラの日々。出かければいいんだけど、予定も無かった…。
それで映画「ザ・コア」を観た。TUTAYAで「デイ・アフター・トゥモロー」の宣伝が流されていた時に、偶然このビデオが目に入ったんで借りたんですよね。地球規模の災害系映画繋がりって事で。でも、そんなに地球大パニックって映像は多くなくてコア(地球の中心を形成している部分)へ行く乗組員中心に描かれてました。自己犠牲やそれを受け入れる仲間との友情?みたいな事がテーマだと思うんですけど、「アルマゲドン」「スペース・カウボーイ」と似たような印象です。
結構、楽しめた☆
三十一日目-夏ばて?-
20051015233157.jpg

とにかく、暑い一日。
梅雨なんて季語は必要無い一日。
気候がおかしい一日。
地球がおかしい一日。
無気力な一日。
左の親知らず辺りに、口内炎が出来て痛い一日。
サボテンの花が咲いた。蕾は三つあるけど、まだひとつだけ。写真は上手く撮れなかった…。携帯でも上手く撮れるコツってないものか。
三十日目-コア-
TUTAYAへ行き映画「コア」を借りてくる。
本来の目的は映画「アンダーワールド」だったのだけれど全部貸し出し中。映画「デイ・アフター・トゥモロー」も気になるので同じ地球規模の災害系映画を借りてきた。朝は涼しかったのに昼頃から暑くなり、夜は風が出てきた。特に書く事もないので、これでおしまい。
二十九日目-硝子のハンマー-
20051015233212.jpg

今日も梅雨の中休みなのか快晴。
雲のない晴れを快晴というらしい。そんな日に
「硝子のハンマー」読み終える。
ミステリーなんだけど2/3過ぎから作風がガラッと変わって「青の炎」のような犯人の犯行に至る経過や、恵まれない環境や、犯人の内面に生まれる不安が増大してメラメラと燃上がってくる様子が描かれている。まるで青の炎を読んでいるようだった。
自分としては最後までミステリーっぽく謎解き中心で進んで欲しかった。おもしろいのはおもしろかったけど☆
二十八日目-映画「月のひつじ」-
20051015233221.jpg

映画「月のひつじ」を観る。
1969年7月の人類初の月面着陸のテレビ中継するアンテナ基地局の実話。
ひつじ放牧場の真中にデカイアンテナがあって今でもNASAで使用されているらしい。
ほのぼのとしたオールトラリアの田舎者とNASAからやってきた、きっちりした専門家が心通わせていきながら、世界的大注目の計画の成功のために頑張る。
自分は1969年には生まれていなかったけど、以前トム・ハンクスが製作した「人類月に立つ」という海外ドラマを観ていたけど、衛星中継がオーストラリアだったなんで描かれていなかったから「そーだったのかぁ」と感心。アメリカ大使やオールトラリア首相に媚びうる町長や、町長の娘に恋する兵隊バカ(常に動きはきびきびしすぎの兵隊動き)がいい味だしてて、結構面白かった。
二十七日目-キャスター-
20051015233232.jpg

今日は暑い。梅雨空とは思えないくらの晴れ。梅雨の中休みと気象予報士は言ってた。日曜日に取り付けようと思っていた棚のキャスターが家にきたので棚の入れ替え。なんでこんなに??ってくらいホコリが多かった。電化製品はデザインや機能ばかりでなくホコリがつきにくい、集まりにくい製品を開発して欲しい。画像は、部屋にあるサボテン。もうそろそろ花が咲きそうだ。
二十六日目-書き忘れ-
昨日、ブログを書き忘れた。書く時間がなかったわけではない。昨日の分も今日書き子もが出来ればいいのだけれど、出来無いっぽい。・・・と思ったら一度新しくBlogを投稿して編集で日付を直せば書くことが出来た。
足が筋肉痛のような痛みというか重みを持っている。
筋肉痛になるような特別な事はしてないのに、なにかの病の兆候だろうか…?
そんな、日曜日だった。
二十五日目-腿筋がつりそうになる-
近所のTUTAYAへ映画「アンダーワールド」を借りに行くがすべて貸し出し中。いつになったら借りられるのだろうか・・・。
レンタル作品は2階にあるののだけれど、下りの階段で左太腿がピキッと張りを感じて立ち止まる。
階段途中で立ち止まってる人なんていないから、パンチラ見たさにとまってると勘違いされないかと思いながら、もう一段降りたが足が痛い。
こんな場所で、腿がつったらどうしようもなく恥ずかしい。足指なら簡単に治せるが腿は風呂などで温めないとなかなか治らないから。
中2階にあるアニメコーナーまで慎重に降りて休憩10分。ゆっくりと1階まで降りてTUTAYAからの危機脱出。
そんな状態で、21時から日課であるランニングへ。
足はつりそうになならなっかけど、足が重たい。
家に帰ってきても疲れがドットでて眠たくなったけど、映画「交渉人」を観ながら書きこむ。
二十四日目-雨-
梅雨らしい天気で朝の曇り空から昼頃の降雨。今も雨は降っている。雨はそんなに嫌いではない。傘をさすのが好きというか、手ぶらで歩くのが嫌いでバックをもっていればいいのだけど近所のコンビニにフラっーと行くときなんか傘が嬉しい。靴が濡れるのはいやだけど。
平原綾香のCDがヤフーオークションで高値更新されまくった。なかなか希望の金額で落札できない。
二十三日目-棚-
20051018173255.jpg

テレビを置いている台を取り替えようと思い、買いに行ったが欲しい商品は売り切れ。取り寄せをしてもらって帰宅。小説が面白くなってきたので読みふける。極端に書くと電車を降りたく無くなるほど読みふけった。今週のヤングジャンプに加藤ローサがセンターカラーで掲載されていた。ハーフらしいけど土屋杏奈に似てるなぁと思った。それから、ずっとハーフだと思ってた先日GRALのTAKUROUと結婚した岩堀せりは純な日本人らしい。特に、自分に関係無い事ばっかりの日記でした。
二十二日目-特になにもない日-
読書にふける一日。
都内に引っ越す予定の友達は、パチンコにはまり気味で困ってるらしい。
ネットのサイトで知り合った人が二人増えたけど、3人減った。突然返信が無くなった。こっちから返事を出すのも面倒なんで出してない。去る者は追わず。
増えた二人は携帯メールでやり取り中。
一人は若いからなのか、短文のメールで返信が異常に早い。だから、少々疲れる。
二十一日目-梅雨?-
梅雨入りしたとテレビ各局の天気予報士は言っていたけど、今日は少ししか雨が降らなかった。昨日の降ったりやんだりで、青空見えたし、最近天気予報あたってない。気象衛星の調子が悪いのか、過去のデータが当てはまらない気候変動がおこってるのか・・・もし、予測できない動きをしているなら、映画「デイ・アフター・トゥモロー」みたいな事になったら大変だね(笑)まぁそんな事ありえないだろうけど、頑張れ気象庁!!

コカ・コーラC2を買って飲んだ。
炭酸が弱く、そのためか甘さが口に残り爽快感が足りない。ダイエットコーラ発売前にあった、ホワイトコーラってこんな味だったような気がする。
二十日目-梅雨入り-
20051018173452.jpg
梅雨に入ったとの事だけど、朝から雨は降ったりやんだりの1日。今日18時頃の空は青空だった。
ヤフーオークションに出品していた、CABINのターボライター4個が1300円で落札された。
タバコのおまけなので0円で手に入れた品なので嬉しい。だけど、100円ライターなら13個も買えるのに。とは思うけど落札していただいた事に感謝。ありがとうございました。Livedooにもオークションがあるけど、出品数が少ないし利用した事はないし、あまり入札されている品も多くない。ヤフーの真似しなくてもいいのにって思う。
十九日目-映画「ル・ブレ」-
20051018173529.jpg

梅雨入り。
涼しくなったからいいけど、だんだんジメジメしてくるから嫌な季節。
そんな中、昨日ケーブルテレビで放送して録画した「ル・ブレ」を観る。
フランスの映画によくある感じのコメディアクション。
観覧車の軸がはずれて転がるシーンはスゴイし実際軸が折れたらあんな風に転がるのか誰かに知ってる人いたら教えてもらいたい。
ストーリーは、闇社会のボス(モルテス)。刑務所の看守(レジオ)。看守の妻。ボスに弟を殺された男(トルコ)。が1枚の1500万ユーロの宝くじを当選くじをめぐってアフリカで争う話し。
トルコは、復習のためにモルテスを追っているのだけど、楽しめた映画。
これといって、感想を書くような作品ではなく素直に楽しかったと言ってれば感想として十分だと思う☆
劇中で「ル・ブレ」は厄介者と訳されていた。
厄介者は、レジオ。彼みたいな性格の人間と一緒にいたらイライラして爆発してしまいそう。
十八日目-映画「10億分の1の男」-
20051018173630.jpg

天気が良かったのでTUTAYAへ行く。本来の目的は「アンダーワールド」を借りる予定だったけどすべて貸し出し中。第ニ候補の「10億分の1の男」を借りる。
近所の中学校は運動会で定番の音楽が聞えてきたけど窓を閉めて冷房をつけて観る。
運をテーマにした映画。
30年間ロシアンルーレットに負けずに勝ちつづけている男と、その男に見放され運を吸い取られてしまった男と、飛行機墜落事故で唯一生き残った男と、交通事故で家族二人は死亡したが生き残った女刑事が主要登場人物。
運勝負の地下ゲームでお金以外の財産と捕虜といわれる人間の写真。真っ暗な部屋で髪の毛に蜂蜜塗って頭にとまった人の勝ちゲーム、目隠しして森を走って木に最後までぶつからない人の勝ちゲームがある。
ゲームのシーンはこれらと、最後のロシアンルーレット。なんか、運の強さや、運気の流れが見えにくい。

ひとりが勝つと誰かが不幸になるのが運。
運の強い人のまわりには不幸が多く、愛も薄い。
そんな、運と愛を描いてる映画。
ラストで、30年負け知らずの世界一運の良い男に墜落事故の男は勝っておしまい。
十七日目-風俗-
ブックマークしなかったので、探し出すのが大変だけどLivedoorブログを見ていたら「風俗嬢に恋をしてメール交換をした。」みたいな記事を読んで僕もお気に入りの女の子に会いに行ってきた。先週行ったばかりなのに行ってしまったが6月になってるのでOK。
彼女にあったら、「こないだ電車で見かけたよ」と言われたでど僕はまったく気がついてなかった。常にわまりを注視してないと。
普通に彼女にメアドを渡して、帰宅。
まだ、メールはこない。

それから、キーボードを叩いても画面に文字が表示される反応が遅い。打ちにくい・・・。
十六日目-ER-
ケーブルテレビで放送開始された、海外のドラマは「ER」を観る。NHKでも放送されているが、第3シーズンくらいから観ているので第1シーズンは初見。
出演者の誰もが当たり前だけど若い。
声優さんも同じ人っぽく声も若い。
だから、少し違和感を感じた。
特に、今のシーズンには出演していないがベントンが若いし喋り方も語気に強さがなく、冗談が多い少し軽い感じの役だった。ストーリーとしては、全体的に盛り上がる部分もなく、登場人物紹介といった感じだった。
これからが楽しみだ☆

海外ドラマは日本のドラマよりスケールが大きく、ディテールが細かいので日本のより面白いと思う。
「24」なんて日本では映画として製作するのも無理っぽい派手さがあるし。このドラマを観ていた時は、娘のキムの胸元が気になって仕方なかった。
主演した映画では、ポルノスターを演じてるらしいので見てみたい。
十五日目-南池袋大勝軒-
今日のお昼は池袋大勝軒。
2時少し前の遅い時間だったので、店内は満席に近い状態で並ばずに食べる事が出来た。
味は、豚骨と魚出汁のスープで魚の匂いが強すぎる、高田馬場「俺の空」や「渡なべ」池袋の「えるびす」とは違って食べやすく美味しかった。
前に池袋西口の「七福神」て店と似たような味だったのでネットで調べたら。「七福神」も大勝軒で修行した方が出店したとの事。

二日目に書いた、出会い系サイトの進展について書くと、今メールのやり取りをしている人は、5人。
Yahoo!パーソナルズで2人。
エッチ動画サイトにバナーが貼られていたサイトで1人。
携帯サイトで1人。
Livedoorアミーゴで1人。
パソコンのメールが多いので1日に1通ペースだから、なかなか進展しなさそうだけど、意外と高確率でメールのやり取りは出来るんだなぁと思った。
実際に逢う事は、そんな簡単じゃないんだろうけど。
十四日目-不動産屋めぐり-
今日は、友達が都内への進出を計画していて、付き添いで池袋の不動産屋へ行った。

朝から雨で嫌だなぁと思ったけど不動産の物件を見るときは雨の日などがいいらしいとの事。
不動産屋へ足を踏み入れるのは、以前に三井不動産販売でバイトしてたこともあるけど駐車場管理してる課だったから関係ないので、足を踏み入れたのは初めて、未知なる初体験だった。

いろいろ物件情報をパソコンや電話で調べてだしてもらって物件は渋谷から地図上で上にに行けば行くほど安くなり東と西では西が高いらしい。山の手線内は別らしい。そんな事は一般的に常識?なのかもしれないけど知らなかった・・・。

僕が住む部屋ではないので、適当にいろいろ喋って午後から実際に物件を観る事に。
午後は雨があがっていた。

最近天気予報があたってない。何ヶ月か前も雪が降る予報が2回連続でハズレた事もあったと思う。
気象衛星の精度が悪いのか?「ひまわり」はもう使用されてないみたいだけど、早く新しいのを打ち上げて欲しい。打ち上げるロケットもなかなか成功する事が先だけど。

そんな事を思いながら、3箇所の部屋を実際に見て帰宅。帰宅する電車の中で、進行方向に向かって立ちながら雑誌を読むオジサンがいた。電車が発進したら振動で後ろによろけて彼の後ろに居た女子高生にもたれるように倒れかかったら、女子高生がサッと後ろに身を引きオジサンは自分の上半身を下半身で支える事が出来ずに、ギリギリまで頑張ったためか、膝からガクッっ崩れ落ちるように倒れた。ほんの数秒の出来事だったんだけどすごく鮮明に覚えてる衝撃的な瞬間。
可笑しくて笑いを堪えるのが大変だった。

電車は進行方向に対して横向きに立つのがバランスとりやすのに。たったそれだけで膝から崩れ落ちる事も無かったのに。